はちがつ

八月 歌詞ヒグチアイ

『ヒグチアイ - 八月』収録の『樋口愛』ジャケット
  • 発売:
    2020.09.02
  • 作詞:
    ヒグチアイ
  • 作曲:
    ヒグチアイ
シェア:

ステータス:

公式 フル

ヒグチアイ「八月」歌詞

八月のぬるい夜 些細な出来事で
溢れ出したコップの水に 二人溺れたの


毎回同じことで争って
泣いて慰めて抱き合って眠れば
解決したような顔で笑える
決まりきったドラマの脚本みたいだ


孤独に喰われた
未熟な生き物
今でもたしかに
あなたを想ってるのに
飲み干せるだけの渇きは
恋が始まるときだけ
今じゃ諦めちゃって心地がよくて
一緒にいるだけ
これが愛なの?教えてほしい


チクタクと針が鳴る ポツポツと雨が降る
アスファルト照らす 信号の灯り
あなた 帰らない


足りないの つたないよ
欲しがる方が恥ずかしくて
もういいよ 虚しいよ
あの頃の ままじゃいられない
いっそもうこのまま


孤独じゃ生きれない
未熟な生き物
終わらせることさえ
1人で選べないくせに
ほんとうの愛なんて
流れる星のようだね
自分勝手に願って叶わなくて
また願ってる
今以上をいつだって
探し迷ってしまう
「あなたじゃなきゃ」じゃなくて
あなたがいいってちゃんと選びたい
帰っておいでよ 話をするから


  • 発売日:
    2020.09.02
  • 曲名:
    八月
  • 読み:
    はちがつ
  • 歌手:
    ヒグチアイ
  • 作詞:
    ヒグチアイ
  • 作曲:
    ヒグチアイ
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

ヒグチアイ 『八月』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ