Hey Daisyの歌詞 ヘーイデイジー 変態紳士クラブ

『変態紳士クラブ - Hey Daisy』収録の『ZURUMUKE』ジャケット
  • 作詞:
    WILYWNKA・VIGORMAN
  • 作曲:
    GeG

ステータス:

公式 フル

変態紳士クラブ「Hey Daisy」歌詞

紅く染まる頬⼣陽のよう
⾵に吹かれるままに向かう
そのブリーチの髪を⼿繰り寄せる(Hey Daisy)
ただずっと待つほど⾺⿅じゃないの
オレンジの⾊へと⽬が焼ける
広い宇宙の中で君だけを奪う


Hey Daisy
過ぎてった夏を追いかける
酩酊しすぎてた⼣陽の⾊と
宵闇のCandle light
I can’t wait, Why you turn me on?
Hold up now man, She say I won’t be long
何を⾔われたって俺は俺
ふと⾒上げると空はOrange
多少の⽕遊びも
夏のせいにしちゃえばいい
海⾵を背に受け
ただデカすぎる炎に包まれるだけ


紅く染まる頬⼣陽のよう
⾵に吹かれるままに向かう
そのブリーチの髪を⼿繰り寄せる(Hey Daisy)
ただずっと待つほど⾺⿅じゃないの
オレンジの⾊へと⽬が焼ける
広い宇宙の中で君だけを奪う


⾒惚れてたら気づけばアイドリング
⼼臓停⽌また天国に前乗り
度肝抜かれるよ君の態度に
タイトに時間をこなして会いに⾏く
情熱に染まってく地平線
熱く焦げる胸俺を奪ってく
1 Take 2 Take 3 Take 4
なんてうまくは⾏かないなMy bro
追いかけてる景⾊あの向こう
空っぽの⼼が気の済む所
Hey Daisy I’m so crazy
海沿い待ち合わせ時間なら18
いつに無く俺の⼼は⾼鳴り
不思議なくらいどこまでも⾏けたり
あと少しと願う⻩昏時
気持ちが沁みる真っ⾚な⼣咲き


紅く染まる頬⼣陽のよう
⾵に吹かれるままに向かう
そのブリーチの髪を⼿繰り寄せる(Hey Daisy)
ただずっと待つほど⾺⿅じゃないの
オレンジの⾊へと⽬が焼ける
広い宇宙の中で君だけを奪う


イカれたように⾒つめる瞳
今何も考えれない
無駄な⾔葉は必要ない
下⼿な仕草で伝える愛
影が絡み寄り添ってく距離
吐息を探りただ溢れる笑み
海沿いのWay この浜の⾹り
2⼈の影が消える暗闇
Let’s driving’


I’m paranoid, I want you now
But secret time now, Don’t you know dat
Yea Yea
You’re a lonely girl, じゃあShow me love
Yea yea,
You got to get away from small world
2⼈で抜け出そうぜ


紅く染まる頬⼣陽のよう
⾵に吹かれるままに向かう
そのブリーチの髪を⼿繰り寄せる(Hey Daisy)
ただずっと待つほど⾺⿅じゃないの
オレンジの⾊へと⽬が焼ける
広い宇宙の中で君だけを奪う


『変態紳士クラブ - Hey Daisy 歌詞』収録の『ZURUMUKE』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.06.16
  • 曲名:
    Hey Daisy
  • 読み:
    ヘーイデイジー
  • 歌手:
    変態紳士クラブ
  • 作詞:
    WILYWNKA・VIGORMAN
  • 作曲:
    GeG
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

変態紳士クラブ 『Hey Daisy』の MV / PV

「Hey Daisy」のリリース情報

変態紳士クラブが5月14日に配信、6月16日にCDでリリースする1stアルバム「ZURUMUKE」のトラックリストとジャケットが発表された。


本作には楽曲総再生回数が約5000万回を記録しているヒット曲「YOKAZE」や、最新作「Sorry」、昨年夏にYouTubeで公開された「P-BOYZ」を含む全12曲を収録。明日4月16日から各配信サイトで予約受付が始まるとともに、収録曲「P-BOYZ」の先行配信もスタートする。配信盤を予約するとオリジナルグッズが抽選で当たるキャンペーンも実施されるので、変態紳士クラブのオフィシャルサイトやSNSで詳細を確認しよう。


また変態紳士クラブは5月22日に地元・大阪の大阪城ホールでワンマンライブ「変態紳士舞踏会 in 大阪城ホール」を開催。イープラスでは4月30日23:59までチケットの最速先行予約を受け付けている。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE