ゼンゼントモダチ 歌詞 山崎はるか

アニメ「魔法少女サイト」ED
Haruka Yamazaki - Zenzen Tomodachi Lyrics
ゼンゼントモダチ 歌詞
歌手:山崎はるか
関連作:魔法少女サイト
動画あり:

キミが今、笑ってる 突然 景色が色をつけた 奇跡とか信じてしまうね このまま時よ止まれ

触れたら シャボン玉のように 幸せも消えそうで こわいよ

ゼンゼントモダチ もっとずっと未来も遊びたいな 永遠ふたりで 掴みたいよ (独りじゃないよ) まだ足りない キミのとなりで生きたい

傷ついた過去に蓋をして リセット (再起動) 痛みなんてもう 感じない忘れた つもりだった

もう キミの横顔を 思い出す それだけで痛いよ

ゼンゼントモダチ 強がりも見抜いてしまうんだ 半分涙も わけてほしい (そばにいるから) いつまでも 終わらないように祈る

もっと 思い出 もっと 欲しいよ 離れたって 寂しくないように (刻んでゆこう) ふたりずっと 変わらず ずっと 毎日を 当たり前に過ごしていたいよ

独りで居るより 素直になれるのがうれしいんだ 生まれて初めて 息ができる 心の熱さに 戸惑いながらだけど 自分のことも 好きになる

ゼンゼントモダチ もっとずっと未来も遊びたいな 永遠ふたりで 掴みたいよ (独りじゃないよ) Ah-世界が変わる あの瞬間を ぎゅっと抱いて キミのくれた奇跡を 生きてく

発売日:2018.05.23
作詞:山本メーコ
作曲:佐藤陽介
ステータス:公式フル
Zenzen Tomodachi Lyrics
Artist:Haruka Yamazaki
Tie-in:Mahou Shoujo Site ED(Magical Girl Site ED)
Video:

kimi ga ima, waratteru totsuzen keshiki ga iro wo tsuketa kiseki to ka shinjite shimau ne kono mama toki yo tomare

furetara shabon tama no you ni shiawase mo kiesou de kowai yo

zenzen tomodachi motto zutto mirai mo asobitai na eien futari de tsukamitai yo (hitori janai yo) mada tarinai kimi no tonari de ikitai

kizutsuita kako ni futa wo shite risetto (saikidou) itami nante mou kanjinai wasureta tsumori datta

mou kimi no yokogao wo omoidasu sore dake de itai yo

zenzen tomodachi tsuyogari mo minuite shimaun da hanbun namida mo wakete hoshii (soba ni iru kara) itsu made mo owaranai you ni inoru

motto omoide motto hoshii yo hanaretatte samishikunai you ni (kizande yukou) futari zutto kawarazu zutto mainichi wo atarimae ni sugoshite itai yo

hitori de iru yori sunao ni nareru no ga ureshiin da umarete hajimete iki ga dekiru kokoro no atsusa ni tomadoinagara dakedo jibun no koto mo suki ni naru

zenzen tomodachi motto zutto mirai mo asobitai na eien futari de tsukamitai yo (hitori janai yo) Ah sekai ga kawaru ano shunkan wo gyutto daite kimi no kureta kiseki wo ikiteku

Release:2018.05.23
Did we help?:Send us a tip!
Status:OfficialFull
PV / Music Video:
【山崎はるか】デビューシングル「ゼンゼントモダチ」アニメノンテロップED映像 - youtube Video
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE