よか

夜夏 歌詞原因は自分にある。

『原因は自分にある。 - 夜夏』収録の『虚像と実像』ジャケット
  • 発売:
    2021.12.08
  • 作詞:
    霧エクラ
  • 作曲:
    霧エクラ
シェア:

ステータス:

公式 フル

原因は自分にある。「夜夏」歌詞

朝日が差し込む頃 残り香乾いた風
浴びる日差し


身に纏い直す姿は
いつも通り過ぎて 少し戸惑い


ハンバーガー、コーラを持って歩き出したり
気慣れた 話し声に寄り添ったり


隣どうし合わせ鏡ならば
どちらも深く抱いていたい


沈み、泣いて歌って
噛んで憂いて 背丈伸ばしたら
まだ見ぬ世界が見れるような気がしてた
(Shaba Daba Do Do…Shaba Daba)


昇り、湧いて笑って
抱いて憂いて 身の丈合わせたら
これもこれでいいさって感情で


夜夏に浸ってるんだ
浸ってるんだ


三日月差し込む頃 尖った光目掛け
背伸びをした


脱ぎ捨てた纏いは 心も同左して
僕を飾る


舌鋒なら 聞き飽きたし
そっと、夜夏にゆらゆられ


ライターに 魅惑が香りを移したなら
紅、暮れない、夜と決め込んでさ


サっと 薄明かりに忍び込んでさ
映る姿見とれた


夜夏と昼夜は冬夏
雪と墨となり


沈み、泣いて歌って
噛んで憂いて 背丈伸ばしたら
まだ見ぬ世界が見れるような気がしてた
(Shaba Daba Do Do…Shaba Daba)


昇り、湧いて笑って
抱いて憂いて 身の丈合わせたら
これもこれでいいさって感情で


夜夏に浸ってるんだ
浸ってるんだ


  • 発売日:
    2021.12.08
  • 曲名:
    夜夏
  • 読み:
    よか
  • 歌手:
    原因は自分にある。 (げんいんはじぶんにある)
  • 作詞:
    霧エクラ
  • 作曲:
    霧エクラ
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ