形而境界のモノローグ 歌詞 fulfill


Keiji Kyoukai no Monologue Lyrics
形而境界のモノローグ 歌詞
歌手:fulfill
動画あり:

夢か現 喚び醒ませば遙か 錆びかけた時が熱を帯びる 瞳閉じて理想郷を描けば 映し出す光と陰のカタチ

DIVE 願いの果てまで 飛び込んでいけ DIVE 夢想の化身は 理解を超える

宵闇に隠された鼓動を 人知れず疼きだす思いを 身体中駆け巡る全てを 信じたら 願いは手の中に

I wanna fly 僕らは夢を渡り 遙か天へたどる着く たとえ現実に邪魔されても構わない 暗く深い世界の海に消えて 道を閉ざされたとしても 切り拓け 逆波を超えて

夢の淵に 姿見せたリアル 見えたのは虚無か?それか光か? 描きだした理想郷の果てには 幻想の僕が今も眠る

DIVE 世界は一度瞬きをやめ DIVE 無数の闇が 時間を動かす

他でもないこの地球(ほし)に舞い降りて 生きているその意味を、その理由を 退屈に刻まれた日常に 徒に染まるなら意味はない

焼き付けろ これまでの生き様を 見せつけろ これからの行く様を 現実と幻想を重ねて 描き出すシナリオが 積み上げられた運命も変えていく

I wanna fly 僕らは息を潜め 退屈な今を謳歌している たとえ現実に騙されても揺るがない 忙しない世界の機微に触れて 心色褪せたとしても この願いだけ永遠に放て

めくるめくる現実(いま)と幻 流れ来る相剋の交響曲(シンフォニー)

fly 僕らは夢を渡り 遙か天へたどり着く たとえ現実に邪魔されても構わない 暗く深い世界の海に消えて 道を閉ざされたとしても 立ち止まらない この思いは 闇を超えて

夢か現 研ぎ澄ませよパルス 潜むのは軌跡示すシグナル 夢と現 その狭間に見えた道こそが 僕を繫ぐ Destiny Line

発売日:2019.03.30
作詞:瀬尾祥太郎(MONACA)
作曲:瀬尾祥太郎(MONACA)
ステータス:サブフル

もし修正があれば、一緒に改善しましょう:

PV / Music Video:
LNをフォローしよう!
Follow us!
Lyrical Nonsense