ディスカス 歌詞flumpool

『flumpool - ディスカス』収録の『Real』ジャケット
  • 作詞:
    山村隆太
  • 作曲:
    阪井一生

ステータス:

公式 フル
シェア:

flumpool「ディスカス」歌詞

30℃のアクリルの中 ブルーのネオンが輝く
君を見つめる 僕はサカナです


幾多のレースをかき分け 一番奥の切ない場所
濡れた欲望が滴るの


唇にチェリー 掬いあげるたび 濃厚な愛の粒が粘る感じ
大胆に這う指に 焦らすようなそぶり
僕を弄ぶ君


鉄格子のような 水槽を飛び出して
夢の谷間へ 吸い込まれたい
抱きしめあえば 満たされるのに
見つめるだけの行為


せっかくの色気なのに 隠したままじゃ勿体ない
君すら知らない 君をおしえたい


消えてはまた生え変わる バブルにまみれた鱗で
その肌を撫で回したいんだ


楽園の糸引き 呼ばれる一匹 夜に飲み込まれそうな感じ
僕たちの距離 ガラス越し6ミリ
覗く その飢えた瞳


くすぶった気持ちなら いっそ燃え尽きて
湧き出す想いごと こっちにおいで
禁断の雫で 溺れてみようよ
誰にもバレないように


違う世界で 君と出逢えてたら…
夜の光は二人のもの


鉄格子のような 水槽を飛び出して
夢の谷間へ 吸い込まれたい
抱き締めあえば 満たされるのに
今夜も叶わぬ 恋


『flumpool - ディスカス 歌詞』収録の『Real』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.05.20
  • 曲名:
    ディスカス
  • 歌手:
    flumpool
  • 作詞:
    山村隆太
  • 作曲:
    阪井一生
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

flumpool「Discus」Lyrics

sanjuudo no akuriru no naka buruu no neon ga kagayaku
Kimi wo mitsumeru boku wa sakana desu


ikuta no reesu wo kakiwake ichiban oku no setsunai basho
Nureta yokubou ga shitataru no


kuchibiru ni cherii sukuiageru tabi noukou na ai no tsubu ga nebaru kanji
Daitan ni hau yubi ni jirasu you na soburi
Boku wo moteasobu kimi


tetsugoushi no you na suisou wo tobidashite
Yume no tanima e suikomaretai
Dakishimeaeba mitasareru no ni
Mitsumeru dake no koui


sekkaku no iroke na no ni kakushita mama ja mottai nai
Kimi sura shiranai kimi wo oshietai


kiete wa mata haekawaru baburu ni mamireta uroko de
Sono hada wo nademawashitain da


rakuen no itohiki yobareru ippiki yoru ni nomikomaresou na kanji
Bokutachi no kyori garasugoshi roku miri
Nozoku sono ueta hitomi


kusubutta kimochi nara isso moetsukite
Wakidasu omoigoto kocchi ni oide
Kindan no shizuku de oborete miyou yo
Dare ni mo barenai you ni


chigau sekai de kimi to deaetetara…
Yoru no hikari wa futari no mono


tetsugoushi no you na suisou wo tobidashite
Yume no tanima e suikomaretai
Dakishimeaeba mitasareru no ni
Konya mo kanawanu koi


Share Me!

flumpool 『ディスカス』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE