call end 歌詞

歌手
FINLANDS

call end
今夜をもっと 間違えて
baby 不安になって


call end持った
不便な理想に わたし
悔やんでいたっていい


身体全て見せ合って
有ったはずの
気持ち を無くした


いつか
帰りたくなってしまう
それも仕方なくなって


勇んで
寂しくはなれないさ


愛と名前と退屈持って
腑抜けた快楽
飾ってアートか


冗談程度の
おんなになって
作ったかみさま
眺めている


call end
今夜をもっと 間違えて
baby 不安になって


call end持った
不便な理想じゃ
それでも軌道は
いいんだろ


投げた 煙 消える頃
世界中に ひとり
だけになる


ふざけすぎた その夜に
うまく
思えなくなったという


財布の指輪が
あかしではない


愛を録音で
録っていたいとか
嘘はつかないで
生きていたいとか


気取った期待は
ただの願いだ
祈るよりもっと
怒っていたい


許される事が
全てではない


愛の説明を
あるだけもって
泣きたい夜に
笑うのは変だ


人工悲哀を追って縋って
無理やり 悲しむわ
褒めてくれよ


電気がもっと優しいように
見えないものすら
信じるように


あなたをずっと
思えたらいいのに
もっと救いを求めてやる


call end
今夜をもっと間違えて
baby 喚いてみようか


永遠なんて
作った 呼吸じゃ
わたし 楽しくなんてない


『FINLANDScall end』収録の『』ジャケット
歌手: FINLANDS
発売日: 2019.03.06
ステータス:

もし修正があれば、一緒に改善しましょう:

『公式の歌詞がリリースされ次第このページを更新します』

FINLANDS『call end』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞
Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE