『映秀。 - 拳花 歌詞』収録の『第壱楽章』ジャケット 公式 フル

拳花 歌詞

歌手
映秀。

映秀。「拳花」歌詞

あの子の中の自分は
なんでもできてすごいな
揺れる僕は
暮れる僕は


あの子の中の自分を
愛したくても愛せなくて
だって全部違くて
彼は全部できるの


あの子の中の自分は
軸って言うものがあるらしい
そんなの無いよ僕は
ずっと迷子 僕は


あの子の中の自分を
いっそ殺してしまおうかと思った
でも弱いよ僕は
辛いよ


僕と僕の話
くだらない事かも知れないが
拳銃片手に
花束を君に


この子から見る自分は
頑張り屋さんみたいだ


この子から見る自分は
暖かくて柔らかい


僕と僕の話
我が身に口当て言う
好きに生きたらいい
僕はもういくから


僕と僕の話
くだらない事かも知れないな
拳銃片手に
花束を君に
送ろう


『映秀。 - 拳花 歌詞』収録の『第壱楽章』ジャケット
シェアリンク
発売日: 2021.03.17
曲名: 拳花
歌手: 映秀。 (エイシュウ)
作詞: 映秀。
作曲: 映秀。
ステータス: 公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

「拳花」のリリース情報

映秀。が、初のフルアルバム『第壱楽章』を3月17日にリリースすることを発表した。


このアルバムは12曲入りで、2020年から配信リリースしてきた「東京散歩」や「残響」「Good-bye Good-night」「反論」に加えて、新曲8曲が収録されるという。タイトルには映秀。の“ここからスタートする”という思いが込められているそうだ。通常盤のほか、上製本仕様の初回盤が同時発売されることも決定している。


アルバムのリリースに先駆けて、2月19日より収録曲のひとつ「拳花」の先行配信が開始されるということだ。詳細はオフィシャルサイトでチェックしよう。


LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE