よみ:
ボイド

Void 歌詞DUSTCELL

『DUSTCELL - Void』収録の『Void』ジャケット
発売:
2022.07.20
作詞:
Misumi
作曲:
Misumi
編曲:
Misumi

DUSTCELL「Void」歌詞

極彩の曼荼羅 こゝろなどないわ
獣のように生きてきました
普通になんてなれはしないな
罪と罰の日々に啼いて 暮らして


空洞だ 空洞だ 僕は
人間の装いをしてるだけ
宵の闇に紛れて
此の儘いつそ溶かして


余興だらう 人生なんて
麻酔薬を打って頂戴
映し 恋し 幻
憂い のべつ幕なし
還りたい たおやかな場所へ


死ねる勇気もないくせに
鼓動はまだ疼いている
ただ一人だけ
守るための強さと滲む希望を
あざみ雨上がり 色づく花
散るな 孤独が胸を刺すとも
掃き溜めのような生涯の全てを
あなたと笑いたくて


虚しき形骸のやうな歳月
抜け殻によく似た伽藍堂です
いつたい何処が境目だったの
一枚の硝子で隔てられて
有りの侭でいたい
皮膚に触れていたいよ
誰より美しい横顔
鉛を噛むような感覚だ もう


不穏だらう 人生なんて
悲しみで不意にまた暗然
継ぎ接ぎしたって 切り貼りしたって
この穢れは落ちはしないよ
心あさきゆめみし
されど春が恋しい
還りたい 君が待つ場所へ


生きる勇気もないくせに
鼓動はまだ続いている
偽りでもいい もう一度だけ
澄んだ声が聞きたい
あざみ雨上がり 色づく花
散るな 空虚が肺満たすとも
願わくばどうか 生涯の全てを
あなたと笑いたくて


海辺の向こう朝の気配
消えない波が遠く光り


DUSTCELL『Void』の 詳細

『DUSTCELL - Void』収録の『Void』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.07.20
購入:
曲名:
Void
よみ:
ボイド
歌手:
DUSTCELL (ダストセル)
作詞:
Misumi
作曲:
Misumi
編曲:
Misumi
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

DUSTCELL『Void』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

DUSTCELL Void 歌詞