よみ:
たりない

足りない 歌詞DUSTCELL

『DUSTCELL - 足りない』収録の『足りない』ジャケット
発売:
2022.06.01
作詞:
EMA・Misumi
作曲:
EMA・Misumi
編曲:
Misumi

DUSTCELL「足りない」歌詞

あぁ もう一つ足りない
埋まらない空白と劣等感
今 一瞬しかないから
後のことなど何にも考えないで
十中八九 最低さ
だけど前ならえだけじゃもったいない
コンビニエンスな生涯
なんて退屈すぎるよ
ねぇ論外


誰かの幸は誰かの不幸
どれも曖昧で あやふやなまま堕ちる
くたびれるくらい震えたって
あと1mm ほんの一瞬
手を伸ばしてみたい


どうしようもない愛ばっか
抱えて歩いてた
歪むまま
君に触れた日々が
嘘でできていたとしたって構わないよ
秘密を隠した目蓋裏
全て幻でも微かな光を辿って


キラキラしたネオン街で
偽りの主人公演じてるの
別に特別じゃなくたっていい
ただ自分らしく生きたいだけ
私は何? 君との関係?
本当は馬鹿みたいなことで笑ってたい
ああ 全部夢で終わればいいのに


らしさに象られた理想
画面越しに広がった焦燥が憂う
導かれるままドア叩いた
揺るがないで 私の意志
まだ消えたくない


どうしようもない恋ばっか
抱えて歩いてた
口下手な 君の言葉にまだ
少しだけ期待してるんだ
痛んでゆく
冷たい夜でも 逃げたくない
紛らわせるほどに孤独の海沈み込んで


奪い合い 人生ってそんなもん
甘い奴らに容赦ない
記憶たち強引にデリートして
飛び出た態度 ノーマライズ
天国と地獄の間に生まれ落ちた人間たち
ユーモアまみれてくたばりたい
笑ってくれ もっと


どうしようもない愛ばっか
抱えて歩いてた
歪むまま
君に触れた日々が
嘘でできていたとしたって
構わないよ
秘密を隠した目蓋裏
全て幻でも微かな光を辿って


本当の自分
マトリョーシカのように閉じ込んだ
黒のネイル塗って
泥を被って
誤魔化していた心ごと
上書きをして明日も遠くの街へ繰り出そう
ずっと ずっと ずっと
足りない何か
不器用に探している


DUSTCELL『足りない』の 詳細

『DUSTCELL - 足りない』収録の『足りない』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.06.01
購入:
曲名:
足りない
よみ:
たりない
歌手:
DUSTCELL (ダストセル)
関連作:
明日、私は誰かのカノジョ
作詞:
EMA・Misumi
作曲:
EMA・Misumi
編曲:
Misumi
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

DUSTCELL『足りない』の MV / PV

「DUSTCELL」コメント

何か足りなくて、満たされない心を抱え、不器用ながらも生きている「明日カノ」登場人物たちをイメージして楽曲を制作させていただきました。僕達自身も彼女達の思想や生活に、共感できる部分が多くあり、感慨深い作品でした。原作もとても楽しく読ませて頂きました!ドラマの主題歌は初めてのことで今から放送が楽しみです、よろしくお願いします。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

DUSTCELL 足りない 歌詞 (明日、私は誰かのカノジョ ED)