試作機 歌詞

『Dios - 試作機』収録の『CASTLE』ジャケット
歌手:

Dios

よみ: しさくき
発売日: 2022.06.29
作詞: Dios
作曲: Dios

悲しいことばかりを積み上げて
どこまでいけるか試しているのね
大事なものをひとつひとつ捨てて
痛みとともに 歩いていく


形のない 不安にやられて
まだ知らない 景色に怯えてる
やけに背の高い街灯だけが僕を見てる
ああ 頼りになんないね
だからなんだ? 自分で選んだんだって
何度忘れれば気が済むんだ?
積んだ時間が 悲しげに膿んだ
幻の君がまたこう言うんだ
「もう時間だ」


正解が消えて、もう何年か経って
最初からそうだったの やっと気づいた
雲の上を歩いているようで、
乱反射のなかに君を見る


飛んでいこう 君の知らない海へと
狭い試作機のなかで曙光
見つめた日を僕は忘れられない
ひとりきりの世界がそこにあった
君を失ったことも 忘れられそうな気がした
朝だった


このまま落ちてしまえば楽になれると
囁いた悪魔のその目にも涙
犯人探しの楽園からエスケープ
握る操縦桿 手は震えていた


暗闇に跳んで、君の目を見て
許される日は来ないよ それでも尚
自分で考えて 自分で飛んだのさ
亡霊まがいの君を振り払う


忘れられない それでも進むしかない
狭い試作機に満ちた葛藤
あなたの手は 僕にはもう触れられない
譲れやしないものだけかき集めて
僕が僕であるために必要で欠かせない
昏い夜だった


欠けた空で 踊らせてよ
誰のためでもない踊り
欠けた空で 踊らせてよ
俺のためだけの時間


答えのない世界でいま
俺は おれは ひとり飛んだ
君の面影残る景色
から逃げるように


飛んでいこう 君の知らない海へと
狭い試作機のなかで曙光
見つめた日を僕は忘れられない
ひとりきりの世界がそこにあった
君を失ったことも 忘れられそうな気がした
朝だった


悲しいことばかりを積み上げて
どこまでいけるか試しているのね
大事なものをひとつひとつ捨てて
痛みとともに 歩いていく

リンクをコピー

歌手: Dios
ステータス: 公式 フル

※歌詞のご指摘はこちら

  • Dios 試作機 歌詞

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

Dios 試作機 歌詞