ローリングストーン 歌詞 電波少女


Rolling Stone Lyrics
ローリングストーン 歌詞
歌手:電波少女

報われないのは誰かのせい 発動するすぐ逃げる癖 街角の大画面ビジョンから流れる CM 流行りの歌がうるせえ 今日もすする泥水みたいな缶コーヒー そう自暴自棄と責任のサンドイッチ しょうもないタレントが炎上中 (OK) 勝手にやってろ (I don’t care what you bellow) 「次は 品川品川」 ヨレた俺の目線の先でゆらり揺れる吊り革 誰も彼も隙間なくむやみやたら詰め込まれ 摩擦熱で焼けただれた気持ちが充満する車内 山積みになったスクラップ ほら残らず買い占めてくれ YouTuber 右向けば左から裏切り者 あっそ 意識高いね おめでとう

転がる石のように 削られていずれ One and only 乾いた地面 傷つけながらいつまで? Oh round and round 転がる石のように 道端で息潜め Lonely 見知らぬ君に蹴飛ばされていつまで? Oh round and round

不機嫌な低血圧 土より冷たいアイム ア ビリーバー 全てくっだらねえ ここは肥育場 いつか死肉と化すまで じっとしてろ 皆が我先にとこぞって群がる餌横目に 無駄に斜に構えてはまた損してる奴 Who is this? そう オレオレ 腹が鳴るよ (Boring story) さよなら人類 掲げるジャスティス 好きにやる 昔より丸くなったよ多分 で?だったらなんだってんだよカス 摩耗しては形成 身に纏う経験 スローペースでもいい 歩み続けてく あいも変わらず柵の内側を なぞりながら憂鬱を歌え

転がる石のように 削られていずれ One and only 乾いた地面 傷つけながらいつまで? Oh round and round 転がる石のように 道端で息潜め Lonely 見知らぬ君に蹴飛ばされていつまで? Oh round and round

木枯らしの音色がセレナーデ 無機質なパノラマの中で 筋書き通りに朽ちてくだけ ならアスファルトに欠片を突き刺せ 砕け散るまでの悪あがき ちぎれるぐらいこの腕伸ばす 瞳を光らせるカラス つぎはぎの尊厳を奪う

朝露に濡れる頬を 照らす東の空 今まで失くしてきたものを 指折り数え向かう こんな道のりでさえも 移ろう四季は彩る けし粒ほどの希望を手繰って そう 転がる石のように

発売日:2019.03.27
作詞:ハシシ・NIHA-C
作曲:TABTABS
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE