よみ:
ディーエヌエー

DNA 歌詞でんぱ組.inc

『でんぱ組.inc - DNA』収録の『DEMPARK!!!』ジャケット
発売:
2022.07.20
作詞:
mekakushe・ポエトリー:木下龍也
作曲:
mekakushe
編曲:
釣俊輔

でんぱ組.inc「DNA」歌詞

濡れた影を引きずりながら螺旋階段を下りてゆく
空とたわむれるための設計図は
ごく一部の命にしか配られていないみたいだ
翼の真似をする両手が教えてくれるのは空の重さだけ
飛べなかった人たちは駅に集まる
引力に足首をつかまれたままつり革につかまる
目を合わせないのがマナー
イヤホンで耳を塞いで
10色の電波を抱き止める
その間だけモノクロの世界に亀裂が入る


なんどもひねったドアノブの奥の
なんども座った机の前で
わたしに宛てた手紙を書くよ
このカラフルが冷めないうちに
大丈夫、インクとかなしみなら
かなしみのほうが先に尽きるよ
できればきみの声で歌ってほしいな
わたしに似ただれかに
この手紙の内容を忘れるいつかのわたしに
届くように


からだの中の細胞を探しても
見つからないから
わたしの中の才能を凝らしても
かなわない あの子には


だけどわたしはわたしなの
誰でもない わたしだから
心の中の解像度 あげてゆこう
この空はどんな青?


心が泣いてる 言葉が咲いてる
光の方へ歩いてる
川が流れてる 冷たい頬に
星が瞬く夜 さよならをしたのに…


世界のはしっこで生きても
地球は青くて丸いから
もう会わないと決めたのに
偶然ばったり会っちゃうな
心のからっぽを埋めてよ
あこがれちゃって苦しいや
べつべつの人間なんて そんなのやだよ
わたしはきみでわたしだよ


おなかにつもる 悲しみは
しみじみと そしてきらきらと
「あの子みたいになれたらな」
「それまだ言う?」
「ねえ、 わたしはわたしでしょ」


耳を澄ましたら風が歌ってた
ふたりのシャツがふくらんで
宙(そら) に浮かんだら パンツ見えたの
笑いすぎでさ涙が溢れそう


未来を怖がっていたけど
案外そんな悪くないし
きみにも生きててほしいと
やっぱりわたし思うから
心の匂いのする距離で
話をしたり笑ったり 怒ったり
そんなことがしあわせなんて
ひとりぼっちじゃ きっと知らないままだった


わたしはひとりだけどひとつじゃない
えくぼのわたし レッスン室のわたし
なみだのわたし ステージのわたし
ばらばらになりそうなひとつひとつを
束ねてくれているのはきみだった
きみがとなりにいる夜は
いつもより痛みが短くて いつもより明日が遠くて
いつもより今日が長くて いつもより声が近くて
たくさんたくさん しあわせだって思えた
さむがりやとあつがりやは
結局どちらもさみしがりやで
夢に引き裂かれるのをいつまでもいやがっていたね
まどろみながら窓をひらく
人が月に見とれるのは月が人のふるさとだから
月に見とれる人は月に看取られてふるさとへ帰る
そういえばさ
わたしが飛べるようになる前に
新しい星座を見つける前に
ねえ、きみ
そろそろ名前を教えてよ


望遠鏡を覗いても
真実なんて見えないな
綺麗なものは見えないって
この際、 はったり決めてやる!


世界のはしっこで生きても
地球は青くて丸いから
もう会わないと決めたのに
偶然ばったり会っちゃうな
心のからっぽを埋めてよ
あこがれちゃって苦しいや
べつべつの人間なんて そんなのやだよ
わたしはきみでわたしだよ


でんぱ組.inc『DNA』の 詳細

『でんぱ組.inc - DNA』収録の『DEMPARK!!!』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.07.20
購入:
曲名:
DNA
よみ:
ディーエヌエー
歌手:
でんぱ組.inc
作詞:
mekakushe・ポエトリー:木下龍也
作曲:
mekakushe
編曲:
釣俊輔
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

でんぱ組.inc『DNA』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

でんぱ組.inc DNA 歌詞