『CIVILIAN Corps de ballet 歌詞』収録の『正解不正解』ジャケット 公式 フル

Corps de ballet 歌詞

歌手
CIVILIAN

なんと退屈な今日だろう 泥沼に頭まで浸かってさ
最早脱出は不可能と 自覚してしまったらもうおしまいだ
無様に水面をせっせと 掻き続けては空を睨みつけ
届かない唾を吐きつけて 不貞腐れたまんまで日々が過ぎる


そう単純なオチだ 白鳥にはなれない 主人公の座は自分では無い
そう気付いてったて 僕らはずっと学ばない
スポットライトが頭から離れない


そしてずっと 「いつかきっと」 念仏の如く唱え続け
地味で上等 目立たぬ一歩 ひたすら踏み出せ


来世がどんな奴だろうと どうでも良いわそんなもんは
明日さえ知らないの 誰一人分かんないの
僕らは今日も夢を見ては ずっと何かを願ってる
果てしない上り坂で 息を切らして
息を切らして 息を切らして
足を前に出す


どんだけ粋がったてさ 安いネオンにすらも勝てないで
プライドばっかが肥大して 高楊枝の裏で鳴るデカい腹
「神様 僕は懺悔します もうひもじいも寂しいも真っ平
何だって歌ってみせますよ それで愛してもらえるのなら」


そう簡単なことだ 無いものは探せない
魔法のランプも四次元ポケットも無い
そう気付いてたって 僕らはずっと分からない
楽に天上へ行く道が見当たらない


立ち止まって 右往左往して なんかある度に悩みまくって
間違って でも信じ切って ああ


誰も通らぬ道だろうと どうでも良いわそんなもんは
どっち向きゃ正解かって 自分しか決めらんないの
僕らは過去を忘れられず ずっと何かを悔やんでる
果てしない上り坂で 息を切らして
息を切らして 息を切らして 足を前に出す


始まりの「よーいスタート」が 僕らの知らないところで響いていた
聞こえた奴は走って それ以外の奴らは気付けば出遅れた
嘲笑の妄想に追い立てられ 世間体と本能の間に揺られて
だけど僕らはもう解っていた 0はいつまで経っても0だと
ほら 今日も何かを望むなら 不細工でも 行こうぜ 行こうぜ


来世が例え聖人でも どうしようも無いわそんなもんは
他の場所にはいないの 僕はもうここにしかいないの
人類みんな夢を見ては きっといつかと祈ってる
あの眩い光へ 息を切らして
息を切らして あと一歩だけ
足を前に出す


『CIVILIAN Corps de ballet 歌詞』収録の『正解不正解』ジャケット
歌手: CIVILIAN
発売日: 2020.08.19
作詞: コヤマヒデカズ
作曲: コヤマヒデカズ・純市・有田清幸
ステータス: 公式 フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE