『眉村ちあき - 代々木公園』収録の『めじゃめじゃもんじゃ』ジャケット

代々木公園 歌詞 眉村ちあき


Yoyogi Park Lyrics
代々木公園 歌詞
歌手:眉村ちあき

ひとり部屋の中うずくまって 何をしても寂しくなったとき いつも公園行って 君のこと待ってるから 君は部屋の中うずくまって 何をしても寂しくなるときはないの? そこに私の音楽(おと)が届いてるかな

ああ あったかい 遠くの子供達 ピカピカの音楽を 紡ぐ僕ら永遠に心繋がっていような! さりげなく気を配らせる もうちょっと一緒にいたいけど また明日も逢うために 今日は早めに眠ろう

東向いて食べた恵方巻 困り果ててる取材のカメラ 君は何粒食べる? 「鬼は外」の声が聞こえる 時計の針は半分周り お菓子寄せ集めちょっとおかわり こんな幸せな日がいつまでも続きますように

ああ あったかい 遠くの子供達 ピカピカの音楽を 紡ぐ僕ら永遠に心繋がっていような! さりげなく気を配らせる あと100回一緒にいたいけど また明日も逢うために 今日は早めに眠ろう

発売日:2019.05.07
作詞:眉村ちあき
作曲:眉村ちあき
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

Lyrical Nonsense