藤川千愛 ゆびさきから 歌詞

『藤川千愛 - ゆびさきから』収録の『ちょっとそこまで昨日を迎えに』ジャケット
  • 発売:
    2022.04.27
  • 作詞:
    藤川千愛
  • 作曲:
    竹田祐介(Elements Garden)
シェア:

ステータス:

公式 フル

藤川千愛「ゆびさきから」歌詞

知らない方が美しいと
君の瞳が言う
まっすぐなキミの瞳には
純粋が溢れていた


ぎこちない僕の指先が
声の形を知る
余計なものなどいらないと
今更気付けたんだ


音のないキミの声が
僕の世界を染めていく
知らなかった感情がいま
指先を飛び立つから ほら


幾千の言葉よりも
君の眼差しの方がずっと
胸を胸を胸を
叩くのは何故?何故?
鼓動だけが独り歩き
すべてを伝えてしまう きっと
君が君が君が
僕を侵食してく


戸惑うことが当たり前で
変な空気も慣れっこ
躊躇ないあなたの優しさに
新しい世界を知る


うつむいたさきで言の葉が
今なら飛び立てると
誰かを好きになるってことが
こんなにも自由なんて


伝えたいが溢れてる
なにもかもが震えてる
知らなかった感情がいま
指先を飛び立つから ほら


幾千の言葉よりも
君の眼差しの方がずっと
胸を胸を胸を
叩くのは何故?何故?
鼓動だけが独り歩き
すべてを伝えてしまう きっと
君が君が君が
僕を侵食てく
D
もしも声に温度があれば
あなたの『好き』は何度くらいと?
知りたがるキミにまた恋をした


  • 発売日:
    2022.04.27
  • 曲名:
    ゆびさきから
  • 歌手:
    藤川千愛
  • 作詞:
    藤川千愛
  • 作曲:
    竹田祐介(Elements Garden)
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ