セツナヒコウキ 歌詞BURNOUT SYNDROMES

『BURNOUT SYNDROMES - セツナヒコウキ』収録の『文學少女』ジャケット
  • 発売:
    2015.05.13
  • 作詞:
    熊谷和海
  • 作曲:
    熊谷和海
シェア:

ステータス:

公式 フル

BURNOUT SYNDROMES「セツナヒコウキ」歌詞

東京へと続く白い路が ゆっくりと青空に伸びていく
村外れの向日葵峠から 出来たばかりの空港を君と見ていた



永遠に続くような畦道で 干からびて蚯蚓が死んでいる
此処に居たら僕も乾いていく だから明日東京へと旅立つ


麦藁帽子の君が俯く
お揃いのネックレス揺れる
「さよなら」も言えず 君と視線が合った


刹那 飛行機が頭上2000フィートで 君が言った「何か」を掻き消した
そして二人は別れたかも知らぬまま 愛し合っていく



最後まで鳴らなかった携帯の
電源落としながら思うのは
都会への期待でも不安でもなく
見送りに来なかった君の事


動き出した飛行機の窓の外 瓢箪山の麓をふと見れば
国道沿いの向日葵峠から 君が大きく手を振っていた


麦藁帽子が飛びそうな程
何度も躓き 蹌踉めいて
精一杯 君は何か叫んでいた


刹那 飛行機の爆ぜるジェットエンジンが 君といた季節を掻き消した
そして二人は別れたかも知らぬまま 愛し合っていく


恋と夢を乗せた機体が航路を外れて急旋回 空中分解して
そうして僕は夢を選んで落ちていく
そこで目が覚めた


刹那 飛行機が雲から抜け出し スカイ・ツリーが寝ぼけ眼に突き刺さった
気圧差で音の消えた世界 荒れ狂う鼓動が埋め尽くした


東京


刹那 飛行機が時速200ノットで 哀しみを覚悟に昇華した
進め青春を いつも明日照らすのは夏 そして太陽と無限大の群青


群青


  • 発売日:
    2015.05.13
  • 曲名:
    セツナヒコウキ
  • 歌手:
    BURNOUT SYNDROMES
  • 作詞:
    熊谷和海
  • 作曲:
    熊谷和海
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

新着&おすすめ
文字サイズ
位置
テーマ