よみ:
おわりび

終火 歌詞BLUE ENCOUNT

『BLUE ENCOUNT - 終火』収録の『終火』ジャケット
発売:
2022.08.20
作詞:
田邊駿一
作曲:
田邊駿一

BLUE ENCOUNT「終火」歌詞

年に一度の風物詩に湧く今夜のこの空を
悲しく見上げているのは私たちくらいだろう
今までありがとうって伝えたくてあなた見たら
今まで我慢してた想いたちが頬をつたった


一緒にいよう。って言ってくれなかったのに
別れよう。はちゃんと言えるんだね。


ゆらりゆらりと舞った花火の音が
二人の声かき消し歌ってるから
終わりの言葉 急に見失って
そっと探すように
あなたから目を逸らした


私 あなたと出会って演技が上手くなっていったよ
強いフリ 優しいフリ 見ないフリ 知らないフリ
なりきれた時だけあなたはそばに来てくれた
なりきるほどにちょっとずつ自分が嫌になった


ただ必要として欲しかっただけ
そっちにとっては名もなき思い出だろうけど
でも私には最初で最後だったの


ゆらりゆらりと舞った花火の灯が
二人の結末(ラスト)急かし踊ってるから
終わりの言葉なんかバカらしくて
笑えてきた


飽きず何度も見てたあの映画とか
したあと吸ってたマルボロ
酔った時必ず話す昔の女(ひと)のように
私もあなたの一部になりたかった
それ以外いらなかったはずなのに


最後の花火 照らされたあなたの唇が
「ゴ」「メ」「ン」「ネ」って動いた気がした


ゆらりゆらりと舞った花火の音が
二人の声かき消し歌ってるから
終わりたくない!って叫び もう届かない
ずっと探していた
幸福(みらい)はないと知ってたけど
私 あなたを愛してた
愛してた


BLUE ENCOUNT『終火』の 詳細

『BLUE ENCOUNT - 終火』収録の『終火』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.08.20
購入:
曲名:
終火
よみ:
おわりび
歌手:
BLUE ENCOUNT
作詞:
田邊駿一
作曲:
田邊駿一
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

BLUE ENCOUNT 終火 歌詞