Base Ball Bear DIARY KEY 歌詞

『Base Ball Bear - DIARY KEY』収録の『DIARY KEY』ジャケット
  • 発売:
    2021.10.27
  • 作詞:
    小出祐介
  • 作曲:
    小出祐介
シェア:

ステータス:

公式 フル

Base Ball Bear「DIARY KEY」歌詞

急に雨が降ると知ってたら
白い靴なんて履かなかった 散々だった日


歌う自転車 通り過ぎる “Tomorrow never knows”
誰かも似た気持ち抱いて


湿った都市の風に 海を嗅いだりした
そんな些細な詩が胸に降り積もってく


見つけて 隠した鍵を
いつか君に渡せたらいいな
見つけて 戸惑った心も
自分だけのものにするから
きっと最後は


乗り込んだ中央線 ひとりひとり特異点
ゆれてゆれて 見失った ここは何線だ


少しくらいの染みも許されないせいで
誰もが冗談を携え


人さし指 くちびるに当てて笑った月
思い出とかして詩が 体に渦巻いてる


重ねて 隠した鍵を
いつか君に渡せたらいいな
開いてくれなくてもいいの
自分だけのものじゃないんだと きっと最後に


ifと畏怖があばれて 逃げたい夜
あふれて込み上げる詩を また書き殴っては


見つけて 隠した鍵を
いつか君に渡せたらいいな
見つけて 戸惑った心も
自分だけのものにするから
きっと最後は
きっと最後に
きっと最後は
なんてジョークさ


To alive by your side


  • 発売日:
    2021.10.27
  • 曲名:
    DIARY KEY
  • 読み:
    ダイアリーキー
  • 歌手:
    Base Ball Bear
  • 作詞:
    小出祐介
  • 作曲:
    小出祐介
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

Base Ball Bear 『DIARY KEY』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ