記憶の海の歌詞 きおくのうみ Awesome City Club

『Awesome City Club - 記憶の海』収録の『Grower』ジャケット
  • 作詞:
    PORIN
  • 作曲:
    atagi・永井聖一

ステータス:

公式 フル

Awesome City Club「 記憶の海 」歌詞

夜の岬 ひとり灯すサーチライト
記憶の海を泳ぐの 夏の日
「いつでも忘れる準備はできているの」
なんてつぶやいている 風に消える


君と見てた対岸のネオンサイン
誘うように 赤く燃える
ヘイブルー、今夜も心をさらうなら
いっそこのまま泳ぎきってしまいたいな


水面につたう涙はそう 私を映すリアリティ
次第にひろがるさざ波は 物ともせずただただ漂う
水紋がみせる仕草はそう ひとりでに咲く花のよう
叶わぬ願いは泡になり もう君はいない


君を見てた水上の面影橋
冷えた体 何も感じない
ヘイブルー、今夜も記憶をうばうなら
いつか忘れるその時を許してね


水面につたう涙はそう 私を映すリアリティ
次第にひろがるさざ波は 物ともせずただただ漂う
水紋がみせる仕草はそう ひとりでに咲く花のよう
叶わぬ願いは泡になり もうここにはいない


『Awesome City Club - 記憶の海 歌詞』収録の『Grower』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.02.10
  • 曲名:
    記憶の海
  • 読み:
    きおくのうみ
  • 歌手:
    Awesome City Club
  • 作詞:
    PORIN
  • 作曲:
    atagi・永井聖一
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE