よみ:
きょくや

極夜 歌詞あたらよ

『あたらよ - 極夜』収録の『極夜において月は語らず』ジャケット
発売:
2022.03.23
作詞:
ひとみ
作曲:
ひとみ

あたらよ「極夜」歌詞

暁月夜空を見上げた
儚く散った君が泳ぐ空
このまま何処か遠くへ逃げて
しまえればいっそ楽なのにな


残った記憶が
こびり付いた痛みが


僕を離してくれないんだ


最後の夜に散った
花火をまだ覚えている
月の船は漕ぎ出した
僕を残して君を乗せて
どれだけ手を伸ばしたって
届くことの無い場所へ
この夜が明けたら
君は空に溶ける


明け方の空
まだ残る月に
思わず触れて
しまいたくなった


残った香りが
傷みきった心が


君を忘れてくれないんだ


最後の夜に散った
花火をまだ覚えている
月の船は漕ぎ出した
僕を残して君を乗せて
どれだけ手を伸ばしたって
届くことの無い場所へ
この夜が明けたら
君は空に消える


溶けてしまった君が
空で流した涙が雨と化して
この世界に振り注げば
肌で君を感じられるのに
忘れられないよな
忘れてしまえよ
思い出してしまうな
思い出せないように
こんなに痛いなら
いっそ僕ごと
消えてしまえと
願ってしまうんだ


最後の夜に散った
花火をまだ覚えている
月の船は漕ぎ出した


僕を残して君を乗せて
どれだけ手を伸ばしたって
届くことの無い場所へ
この夜が明けたら
君は空溶かす


それでもまだ覚えている
花火は今年も咲くだろう
月の船は漕ぎ出した
僕を残して君を乗せて
どれだけ手を伸ばしたって
届くことの無い明日へ
この夜が明けたら
君は海に溶ける


あたらよ『極夜』の 詳細

『あたらよ - 極夜』収録の『極夜において月は語らず』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.03.23
購入:
曲名:
極夜
よみ:
きょくや
歌手:
あたらよ
作詞:
ひとみ
作曲:
ひとみ
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

あたらよ 極夜 歌詞