よみ:
こうさてん

交差点 歌詞あたらよ

『あたらよ - 交差点』収録の『交差点』ジャケット
発売:
2022.03.02
作詞:
ひとみ
作曲:
ひとみ

あたらよ「交差点」歌詞

君が残した言葉が
あの交差点で吐いた文字が
今も横断歩道に散らばってると聞いた
集めに行って拾ったけれど
言葉はなんだか紡げなくてさ
あぁ、悲しくなったや


虹が空にかかったって
はしゃいでいた君はどこへ行ったの
隣で笑顔を振りまいていた
君は君は君はいないや


今更君を追いかけても
届きやしないことくらいは
分かってんだ分かってんだ
痛いほど


それでも君に今会いたくて
歩みを止めずに
君に追いつきたくて
必死に足を回してんだ
それでも君は遠くへ
遠くへ行ってしまった
ねぇ今からじゃ追いつけないかな


見えない靴を履いて
走って行った君は高く空を飛んだ
僕じゃ追いつけないような場所
高く遠く空へ飛んでった
今更追いかけたって届かないことはわかってるんだ
痛みが心を支配していく夜


朝の光が差し込んだ部屋に
君は一人立ちつくしていた
「どうしたの?」って声をかけたって
君は俯いている
笑った顔が見たくって
必死にもがいていたあの日々も
今では愛おしいほど
掌の中でうずくまってんだ


ねぇ、ほら笑って見せてよ
まだ、まだ終わっちゃいないだろう
溢れる言葉全てが閃光して
君が見えないや嫌


あぁ、でも君もいつしか
僕さえ見えなくなっていて
孤独の海を泳いでいた


見えない靴を履いて
走って行った君は高く空を飛んだ
僕じゃ追いつけないような場所
高く遠く空へ飛んでった
今更追いかけたって届かないことはわかってるんだ
痛みを飼い慣らそうとする夜


あたらよ『交差点』の 詳細

『あたらよ - 交差点 歌詞』収録の『交差点』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.03.02
購入:
曲名:
交差点
よみ:
こうさてん
歌手:
あたらよ
作詞:
ひとみ
作曲:
ひとみ
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

あたらよ『交差点』の MV / PV

「ひとみ」コメント

「君が残した言葉が今も横断歩道に散らばっていると聞いた」という何とも奇妙な歌詞から始まるこの曲は、自分の手の届かない所へと旅立ってしまった誰かに向けて創った楽曲です。楽曲のラストにはあたらよとして初の試みとなる面白い仕掛けもあるので、是非最後まで聴いて貰えたら嬉しいです。
この楽曲を通してあたらよの新たな一面に触れていただけると幸いです。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

あたらよ 交差点 歌詞