『土岐麻子 - 楓 歌詞』収録の『楓』ジャケット 公式 フル

歌詞

歌手
土岐麻子

土岐麻子「楓」歌詞

忘れはしないよ 時が流れても
いたずらなやりとりや
心のトゲさえも 君が笑えばもう
小さく丸くなっていたこと


かわるがわるのぞいた穴から
何を見てたかなぁ?
一人きりじゃ叶えられない
夢もあったけれど


さよなら 君の声を 抱いて歩いていく
ああ 僕のままで どこまで届くだろう


探していたのさ 君と会う日まで
今じゃ懐かしい言葉
ガラスの向こうには 水玉の雲が
散らかっていた あの日まで


風が吹いて飛ばされそうな
軽いタマシイで
他人と同じような幸せを
信じていたのに


これから 傷ついたり 誰か 傷つけても
ああ 僕のままで どこまで届くだろう


瞬きするほど長い季節が来て
呼び合う名前がこだまし始める
聴こえる?


『土岐麻子 - 楓 歌詞』収録の『楓』ジャケット
シェアリンク
発売日: 2021.02.03
曲名:
読み: かえで
歌手: 土岐麻子
作詞: 草野正宗
作曲: 草野正宗
ステータス: 公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE