SOS! feat. Creepy Nutsの歌詞 androp

  • 作詞:
    Takahito Uchisawa・R-指定
  • 作曲:
    androp・Creepy Nuts

ステータス:

公式 フル

androp「SOS! feat. Creepy Nuts」歌詞

SOS! ビバ! ハレルヤ!
猿で陽気なサウンズ
お腰振りサマー
響くファンファーレ
サウンズ オブ サマー


SOS! ビバ! ハレルヤ!
燃やして 溶かして夏のシャワー
ハッシュタグはウェイ!


皆がお前を待ってる
みたいな歌がラジオでかかってる
とうにその気になってる
また夏が思いあがってる
Hey 楽しめん奴はナンセンス
みたいな空気が蔓延中
酸欠状態で1 and 2
汗にまみれて今宵ランデブー
っていやいやいやお前の事嫌いな奴
ちゃんとココにもいます!  います!
クーラーガンガンに効かす 効かす
閉め切った室内でリラックス
はいはいキャンプですか フェスですか
BBQですか そうですか
海で騒ぐ奴サメに喰われろ
肝試し行く奴は呪われろ
淳二、金蔵
誠に市郎
百物語、新耳袋
ほん呪、金曜 13日の
アイツらやっちゃってくれよジェイソン
SOUNDS OF SUMMER
なんてセミの鳴き声か何か
SOUNDS OF SUMMER
耳触りだから耳を塞いだ
全然寂しくない


ニーチェ ラヴ ガンジー ラヴ
「真実はいつも心の中」
海 ラヴ 生 ラヴ 刺すプラグイン
ウェイ! ウェイ! ウェイ! ワン! ツー!


SOS! ビバ! ハレルヤ!
猿で陽気なサウンズ
お腰振りサマー
響くファンファーレ
サウンズ オブ サマー


SOS! ビバ! ハレルヤ!
燃やして 溶かして夏のシャワー
ハッシュタグはウェイ!


そもそもアツイし 虫はダルいし
騒いでる奴の柄も悪いし
ある意味サブリミナル効果的に
植えつけられてきた言葉巧みに
「夏を楽しむ奴こそ勝ち組」
なってたまるかメディアの家畜に
でも、お前がどうしてもって言うんやったら行ったてもエエけどな、
物は試しに
冷やかしに向かう夏祭り
祭りばやしで shake ya body
音と雰囲気にほだされて
変な感じ 変な感じ
並ぶ屋台 ベタの極み
薄着のギャル ほうばるかき氷
うちわであおぎ うなじをチラ見
見上げた空には打ち上げ花火
みたいな感じやろ 誘えや


SOS! ビバ! ハレルヤ!
猿で陽気なサウンズ
お腰振りサマー
響くファンファーレ
サウンズ オブ サマー


SOS! ビバ! ハレルヤ!
言い訳ばっか お前何様?


さっきからお前シラケてね?
そっとしといてくれ 俺はシラフ
拗ねてんのか?
俺拗ねてない
それじゃ大きな声で騒げ!


SOS! ビバ! ハレルヤ!
しょうもない夏も お前次第で
そう! 望んでよ お前だけのサマー
SOS! ビバ! ハレルヤ!
もっとSOS! ビバ! ハレルヤ!


そんな俺もまだ冷めちゃない
素直じゃない男の性じゃない?
全て音に捧げてFly
寂しがりなお前も叫んじまえ Alright!


SOS! ビバ! ハレルヤ! ウェイ!


シェアしよう!
  • 発売日:
    2017.08.23
  • 曲名:
    SOS! feat. Creepy Nuts
  • 歌手:
    androp (アンドロップ)
  • 作詞:
    Takahito Uchisawa・R-指定
  • 作曲:
    androp・Creepy Nuts
  • 関連歌手:
    Creepy Nuts
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

androp「SOS! feat. Creepy Nuts」Lyrics

SOS! biba! hareruya!
Saru de youki na saunzu
Okoshi furi samaa
Hibiku fanfaare
Saunzu obu samaa


SOS! biba! hareruya!
Moyashite tokashite natsu no shawaa
Hasshutagu wa wei!


mina ga omae o matteru
Mitai na uta ga rajio de kakatteru
Touni sono ki ni natteru
Mata natsu ga omoiagatteru
Hey tanoshimen yatsu wa nansensu
Mitai na kuuki ga manenchuu
Sanketsu joutai de 1 and 2
Ase ni mamirete koyoi randebuu
Tte iya iyaiya omae no koto kirai na yatsu
Chanto koko ni mo imasu! imasu!
Kuuraa gangan ni kikasu kikasu
Shimekitta shitsunai de rirakkusu
Hai hai kyanpu desuka fesu desuka
BBQ desuka sou desuka
Umi de sawagu yatsu same ni kuwarero
Kan tameshi iku yatsu wa norowarero
Junji, kinzou
Makotoni ichirou
Hyakumonogatari, shin mimi bukuro
Hon noroi, kinyou 13 nichi no
Aitsu ra yacchatte kure yo jeison
SOUNDS OF SUMMER
Nante semi no nakigoe ka nanka
SOUNDS OF SUMMER
Mimizawari da kara mimi o fusaida
Zenzen sabishikunai


niiche ravu ganjii ravu
‘shinjitsu wa itsumo kokoro no naka’
Umi ravu nama ravu sasu puraguin
Wei! wei! wei! wan! tsuu!


SOS! biba! hareruya!
Saru de youki na saunzu
Okoshi furi samaa
Hibiku fanfaare
Saunzu obu samaa


SOS! biba! hareruya!
Moyashite tokashite natsu no shawaa
Hasshutagu wa wei!


somosomo atsui shi mushi wa darui shi
Sawaideru yatsu no e mo warui shi
Aru imi saburiminaru koukateki ni
Uetsukerarete kita kotoba takumi ni
‘natsu o tanoshimu yatsu koso kachigumi’
Natte tamaru ka media no kachiku ni
Demo, omae ga doushite motte iun yattara itta temo ee kedo na,
Mono wa tameshi ni
Hiyakashi ni mukau natsu matsuri
Matsuri bayashi de shake ya body
Oto to funiki ni hodasarete
Hen na kanji hen na kanji
Narabu yatai beta no kiwami
Usugi no gyaru hou baru kakigoori
Uchiwa de aogi unaji o chira mi
Miageta sora ni wa uchiagehanabi
Mitai na kanji yaro sasoe ya


SOS! biba! hareruya!
Saru de youki na saunzu
Okoshi furi samaa
Hibiku fanfaare
Saunzu obu samaa


SOS! biba! hareruya!
Iiwake bakka omae nanisama?


sakki kara omae shirakete ne?
Sotto shitoite kure ore wa shirafu
Suneten no ka?
Ore sunetenai
Sore ja ookina koe de sawage!


SOS! biba! hareruya!
Shoumonai natsu mo omae shidai de
Sou! nozonde yo omae dake no samaa
SOS! biba! hareruya!
Motto SOS! biba! hareruya!


sonna ore mo mada samechanai
Sunao janai otoko no sei janai?
Subete oto ni sasagete Fly
Sabishigari na omae mo sakenjimae Alright!


SOS! biba! hareruya! wei!


Share Me!

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE