『アメノイロ。あとがき』収録の『絵空事は息白と消えて e.p』ジャケット サブ フル

あとがき 歌詞

歌手
アメノイロ。

吐いた息の白さにいつかの君が
となりで笑っていた日々を
思い出すことも随分減ったし
またどこかで同じように笑ってくれていたなら
それでいい


それだけでいいと言い聞かせるけど
君は月日が流れた今でさえ
心のどこかに隠れているんだろう


薄明かりの部屋で君の寝息を聞いていた
2人毛布にくるまって
独りよがり繋ぐ右手
握りかえす君がただ愛おしかったな
今さら思い返したって


吐いた息の白さにいつかの君が
となりで笑っていた日々を
思い出すことも随分減ったし
またどこかで同じように笑えているかな


優しい人に出会って
色んな場所に連れてもらって
僕が好きだったところ
全部きづいてもらえたらいいな


眠れない夜は外に行こう
近くの自販機までが
ほんとちょうどいい距離だなんて
くだらない話や仕草をなぜ
探してしまうのかな


薄明かりの部屋で君の笑う夢を見ていた
辿れば日々揺らり悠然と落ちて消える
水彩みたいに淡い日々だったな


薄明かりの部屋で君の寝息を聞いていた
2人毛布にくるまって
独りよがり繋ぐ右手
握りかえす君がただ愛おしかったな
今さら思い返したって
あれが僕の全部で


『アメノイロ。あとがき』収録の『絵空事は息白と消えて e.p』ジャケット
歌手: アメノイロ。
発売日: 2020.02.19
ステータス: サブ フル

もし修正があれば、一緒に改善しましょう:

『公式の歌詞がリリース次第このページを更新します』

アメノイロ。『あとがき』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞
Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE