『ALKALOID - 翼モラトリアム』収録の『あんさんぶるスターズ!! ユニットソング ALKALOID』ジャケット

翼モラトリアム 歌詞 ALKALOID

プロジェクト「あんさんぶるスターズ!!」ソング
ALKALOID - Tsubasa Moratorium Lyrics
翼モラトリアム 歌詞
歌手:ALKALOID (アルカロイド)
関連作:あんさんぶるスターズ!!

ハッと見上げた羽撃きの合図で 変わりだした世界に気づく あんな自由で力強い翼 なんて僕らはちっぽけなんだろう

きっと何かを躊躇った瞬間 知らず知らずに取り零して 目覚めきれない可能性の前で なんで僕らは臆病だね

あの風の先を いくら思っても そこに立ってる 自分の顔が うまく描けないなら

どんな不確定な未来でも 約束された道じゃなくても 焦りにも似た この衝動を 抑えるなんてできなくなってる 今だって言えるほど自信はない 願えば叶うほど甘くもない わかったフリで 常識ぶって 繋がれてた鎖を 壊す時だ

勇気ってもうちょっと 誰でも平等に 手にできたら いいんだけど (Ah,) 踏み出す一歩に 落ちる影を蹴って 飛び立ちたい あの大空へ (Yeah,)

伸ばした両手に 翼を感じる 光る濡れた羽を 広げて あの風の先を 確かめに行こう そこに立ってる 自分の為に 俯かないと誓うよ

どんな不確定な未来でも 約束された道じゃなくても 祈りにも似た この衝動が 諦めないと叫び続けてる いつかを待ってるような子供じゃない 理不尽を流せる大人でもない 迷いを抜けた 自由な青へ 目覚めたての翼で 羽撃くんだ 飛び立つ時間だ

発売日:2020.01.29
作詞:こだまさおり
作曲:山本恭平(Arte Refact)
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE