ナイトダンサー 歌詞秋山黄色

『秋山黄色 - ナイトダンサー』収録の『ナイトダンサー』ジャケット
発売:
2021.09.01
作詞:
秋山黄色
作曲:
秋山黄色

秋山黄色「ナイトダンサー」歌詞

一度止まればもう二度と
走り出せないような気がして
今を必死に生きていた
勇気と無謀はきまってよく似ていた


それでも僕は
「これしかない」って思えたあの日を捨てずいる
勇気で掴むまで 全てが無謀な挑戦だ


ずっと夢の中に居たいけど
夜風にあたって目が覚めたのなら
空を睨むんだ


涙の数を世界がずっと見ないフリしている
意義ばかり数えている いつでも!
何度躓いても飾り気のない愛で
支えあい暮れる日々ならば
それが何よりいいのになあ


星より光る夢がほしいって
心だけ打ち上げている


「才能」なんて言葉を口にしそうな時は
決まって諦める支度をしている
この夜空に比べたら ちっぽけだよ人間なんて
なあ そんなふうに思えないもどかしさ
感じる場所が心だろ


天才の内訳は99%努力と
多分残りの1%も努力だ


走れば走るほど世界が僕を一人にするけれど
優しさだけ連れて行こう この先へ
あいつもこいつも気付けばもう居なくなってしまったな
光のような孤独を行け 足跡が道になるまで


それこそ光る星のように
離れても見せてやろうよ
涙の数を世界がずっと見ないフリしている


火が灯る 心が何かを決めたなら
信じぬけ 守り通せ 一人でも!
汚れ増やして また夢中になって踊る
噛み締めた夜と世界を繋ぐ
その未来に用がある


道がないことが道標に
そのあなたの夢を教えて


秋山黄色『ナイトダンサー』の 詳細

『秋山黄色 - ナイトダンサー』収録の『ナイトダンサー』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2021.09.01
曲名:
ナイトダンサー
歌手:
秋山黄色
作詞:
秋山黄色
作曲:
秋山黄色
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

秋山黄色『ナイトダンサー』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

秋山黄色 ナイトダンサー 歌詞