INNOCENT 歌詞鬼頭明里

『鬼頭明里 - INNOCENT』収録の『STYLE』ジャケット
  • 作詞:
    鶴崎輝一
  • 作曲:
    鶴崎輝一
シェア:

ステータス:

公式 フル

鬼頭明里「INNOCENT」歌詞

揺れる想いひとつ 名前をつけてしまえば
昨日までの二人には
戻れない気がしたんだ


待ち合わせした駅前 午後6時 雑踏の中で 上ハモ
すぐ見つけてしまうくらいに
特別にしないでよ 世界 下ハモ


知らないままで笑っている君へ 気づかれてしまわ ないように
窮屈に押し込めた
気持ちが溢れ だして
交わした言葉に色がついていく
本当は気づいて欲しかった
空に混ざって消えた
儚く光る願い 届かないまま


仕方ないなんて 言い聞かせたりもした
強くいようとするほど
胸の奥 ツンとする


友達という境界線を引く 二人の間で
またねっていうサヨナラさえ
約束にしたいんだよ お願い


すぐそこにある横顔が 声が 夜の星みたいに 遠くて
もういっそ諦めてしまえば
素直に 笑えるかな
それでも何か期待して歩く
日々に理由を探した
隣で君はどんな
気持ちで笑ってるの?


行き場のない 焦がれてく 想い
多分もう
手遅れだ 膨らみすぎた風船 みたい


知らないままで笑っていたかった 弾けてしまった 感情
思いのままの言葉
今伝えて しまおう
震える声が
求めてた場所へ 気持ちを乗せて響いてく
もう目を逸らしたりしない
確かにある それを 恋とよぼう
次は君の
答えを待つ


『鬼頭明里 - INNOCENT 歌詞』収録の『STYLE』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.06.10
  • 曲名:
    INNOCENT
  • 歌手:
    鬼頭明里
  • 作詞:
    鶴崎輝一
  • 作曲:
    鶴崎輝一
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE