isolation 歌詞

『鈴木愛奈 - isolation』収録の『Belle révolte』ジャケット
歌手:

鈴木愛奈

よみ: アイソレーション
発売日: 2021.12.01
作詞: 夢見クジラ
作曲: 夢見クジラ

君の中では 今頃きっと
きれいな物語がずっと巡っているのだろう
秋が終わる頃 窓辺に座る君は
誰かに手紙を書いた後 破って目を閉じた


もうずっと それが嫌いで嫌いで
しかたなくてでも


手放したら 私じゃなくなる
こんなに大嫌いなのに
手放せない そんな私を
認めないで これからもずっと
そう思うのに独りが寂しくて君を呼んでしまった


目を閉じた時 描かれる世界
そこに君が望んだ景色が広がっているのかな
君が選んだ 確かに掴んだその先の
未来はいつも変わらない 終わり迎えるんだ


どうしても 繰り返してしまうの
それでも私は


失くしたくない 私の形を
こんなに大嫌いなのに
望まれない そんなこの時を
認められない だから繰り返す
いつか君に私の願いが届かなくなるとしても


手放したら 私じゃなくなる
こんなに大嫌いなのに
手放せない そんな私を
認めないで これからもずっと
そう思うのに独りが寂しくて君に願ったんだ


失くしたくない 私の形を
こんなに大嫌いなのに
望まれない そんなこの時を
認められない だから繰り返す
私が願った世界を君がいつか見てくれればいい

リンクをコピー

歌手: 鈴木愛奈
ステータス: 公式 フル

※歌詞のご指摘はこちら

  • 鈴木愛奈 isolation 歌詞

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

鈴木愛奈 isolation 歌詞