『プレゼント』収録の『』ジャケット

プレゼント 歌詞

歌手
あいみょん

こんなに近くに落ちている夢を
次から次へと蹴飛ばしている
やりたい事をやれない人達が
次から次へと沈んでく


「知らない」で誤魔化せる日々は
きっと続かないから
ちょっとあなたにプレゼントあげる


こうして誰かの胸に
溢れそうな泉を作るよ
少しでも傷ができたらきっと
助けが来るシステムにしてあるよ
幾千年も前からこうして
涙を作っている


サイズ違いのピースを拾いすぎて
次から次へと捨ててしまう
「やれる気がしない」と病んだ人達が
次から次へと沈んでく


しわくちゃでゴミのような日々は
きっと続かないから
そんなあなたにプレゼントあげる


そうして誰かの胸に
弾けそうなガラスを作るよ
小さなトキメキにぶつかったら
光る恋するボタンにしてあるよ
幾千年も前からこうして
愛を作っている


その背中にはいつだって
立ち上がれる呪文を一つ
その唇にはいつだって
分け合えるような強さを二つ
忘れない 忘れないようにね
弱ったなら 参ったなら
あのプレゼント開けてもいいからね


あなたのためだから


こうして誰かの胸に
溢れそうな泉を作るよ
少しでも傷ができたらきっと
助けが来るシステムにしてあるよ
幾千年も前からこうして
涙を作っている


発売日:2019.02.13
作詞:あいみょん
作曲:あいみょん
ステータス:公式フル
Present Lyrics
Artist: Aimyon

konna ni chikaku ni ochiteiru yume wo
tsugi kara tsugi e to ketobashiteiru
yaritai koto wo yarenai hitotachi ga
tsugi kara tsugi e to shizundeku


“shiranai” de gomakaseru hibi wa
kitto tsuzukanai kara
chotto anata ni purezento ageru


kou shite dareka no mune ni
afuresou na izumi wo tsukuru yo
sukoshi demo kizu ga dekitara kitto
tasuke ga kuru shisutemu ni shite aru yo
ikusennen mo mae kara kou shite
namida wo tsukutteiru


saizu chigai no piisu wo hiroisugite
tsugi kara tsugi e to sutete shimau
“yareru ki ga shinai” to yanda hitotachi ga
tsugi kara tsugi e to shizundeku


shiwakucha de gomi no you na hibi wa
kitto tsuzukanai kara
sonna anata ni purezento ageru


sou shite dareka no mune ni
hajikesou na garasu wo tsukuru yo
chiisana tokimeki ni butsukattara
hikaru koi suru botan ni shite aru yo
ikusennen mo mae kara kou shite
ai wo tsukutteiru


sono senaka ni wa itsudatte
tachiagareru jumon wo hitotsu
sono kuchibiru ni wa itsudatte
wakeaeru you na tsuyosa wo futatsu
wasurenai wasurenai you ni ne
yowatta nara maitta nara
ano purezento aketemo ii kara ne


anata no tame dakara


kou shite dareka no mune ni
afuresou na izumi wo tsukuru yo
sukoshi demo kizu ga dekitara kitto
tasuke ga kuru shisutemu ni shite aru yo
ikusennen mo mae kara kou shite
namida wo tsukutteiru


Release:2019.02.13
Did we help?:Send us a tip!
Status:OfficialFull
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE