よみ:
よぞらきれい

夜空綺麗 歌詞aiko

発売:
2018.06.06
作詞:
AIKO
作曲:
AIKO

aiko「夜空綺麗」歌詞

冷たい風が耳をつまんだらそっとぎゅっと抱きしめてよ
深爪した指先強く押しつけたコート
あぁ果てしのない夜空きれい


虚しく終わる日はそばにいるよ知らないことは囁いてよ
持ってないものはきっとあたしが持ってるんだよ
もう充分だと言われてもあげる


振り返ったら悲しみが座って待ってた
あまりにも泣いているから手を差し伸べた


あの時あの日のあなたに愛してると
言いかけてつまずいた それすら
愛おしく儚い日々を今目の前の
あなたとあなたとあなたと過ごしている


嵐の終わり手のひらに乗せた雨粒は瑞々しくて
涙に見えたのはあなたが笑っていたから
恐怖も幸福もはじめての角度


忘れないから消えないでと抱きしめた
不確かで粉々だね二人の塊


乾いた綺麗な夜空も白い朝も
出逢えて見上げて塗りつぶせた
錆びてゆく不安を大人のふりをして
蒼空知ってるふりして過ごしてた


あの時あの日のあなたに愛してると
言いかけてつまずいた それすら
愛おしく儚い日々を今目の前の
あなたとあなたとあなたと過ごしている


冷たい風が耳をつまんだらそっとぎゅっと抱きしめてよ
気が付いた少しとれた口紅はあなたのとこ


aiko『夜空綺麗』の 詳細

シェアしよう!
発売日:
2018.06.06
曲名:
夜空綺麗
よみ:
よぞらきれい
歌手:
aiko
作詞:
AIKO
作曲:
AIKO
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

aiko 夜空綺麗 歌詞