よみ:
れっしゃ

列車 歌詞aiko

『aiko - 列車』収録の『食べた愛 / あたしたち』ジャケット
発売:
2021.09.29
作詞:
AIKO
作曲:
AIKO

aiko「列車」歌詞

どうしても忘れたくないけど きっと僕は忘れてしまう
初めてキスしたあの時に体を走った何かの正体も


暗闇は手を繋いで 寂しさは抱きしめあった
頭に埋めた記憶も全部無駄になって欲しい


二人にしか見えない列車があったのに
君は途中で降りるって言い出したね
二人にしか見えない雪があったのに
もう寒いから家に帰るって君は言った


季節が変わってしまったら 多分僕も変わってしまう
絞った心のぬけがらや二人で決めた暗証番号も


後ろを向いて遡る時間だけ地に足がつく
日々の彩り 癖や期待 舌の味も消えて


二人にしか見えない列車があったのに
君は途中で降りるって言い出したね
二人にしか見えない夢があったのに
約束切ったら家に帰るって泣いた
きっと僕は忘れてしまうから
君もどうか忘れてね


aiko『列車』の 詳細

『aiko - 列車 歌詞』収録の『食べた愛 / あたしたち』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2021.09.29
購入:
曲名:
列車
よみ:
れっしゃ
歌手:
aiko
作詞:
AIKO
作曲:
AIKO
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

aiko 列車 歌詞