『a crowd of rebellion紡冬』収録の『』ジャケット

紡冬 歌詞

歌手
a crowd of rebellion

粉雪が積もった硬い猫の死骸
せめてもの手向けはすぐ邪魔って潰された


始発は去り 雪を散らし
僕の目を塞ぐ ああ


あの町でよく見た優しい瞳は
間違いの一つで僕を見てくれなくなった


あと少しで駅前の桜が咲くのにな
ああ 帰れなくなったなあ


重ねた過去をまだなぞっているよ
みんないなくてもまた笑ってみるよ
ただ守れないでごめんね
弱いばかりでさ
日々紡いだ僕を見ててよ


花壇を愛でるのが好きだったあなたは
心を尖らせてトラノオを傾けた


捩れ花を摘んで来ては綺麗に飾った
ああ モノクロで参るなあ


“My life was a lie”
“Give it back”
本当も存在も消え失せて
愛情を間違った有象無象
返せよあの日の空


枯れゆく過去をまだ支えているよ
誰もいなくてもまた笑っていてよ
ただ庇えないでごめんね
胸が苦しくて
どうかずっと


重ねた過去をまたなぞってみるよ
みんないなくてもまた笑ってみるよ
ただ守れないでごめんね
弱いばかりでさ
どうかずっと日々を愛でてよ


僕を見ててよ


『a crowd of rebellion紡冬』収録の『』ジャケット
歌手: a crowd of rebellion
発売日: 2018.07.11
作詞: 宮田大作・小林亮輔
作曲: 丸山漠
ステータス: 公式 フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞
Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE