『40mP 夜想モンスター 歌詞』収録の『夜想モンスター』ジャケット 公式 フル

夜想モンスター 歌詞

歌手
40mP

夜を待っていた 傷が癒えるまで
ビルの影で息をひそめて
気づかなかった 油断していた
僕を見てる幼い少女


疑いもしない無邪気な瞳
映し出された僕は
おとぎ話に出てくるような
化けの皮をかぶった何か


目が合ったらきっとバレてしまうから
ウソで塗り固めた僕の正体が
差し出された君の手を払って
闇夜の中 消えてゆく


どれくらいだろう 月日は流れ
すれ違った あの日の少女
姿こそは大人になれど
変わりはしない綺麗な瞳


振り向いた君の髪が揺れてる
刹那 時間が止まる
消えることのない傷跡が
また再び疼き出した


目が合ったらきっとバレてしまうから
僕でさえわからない僕の正体が
呼び止める君の声を残して
人の群れに消えてゆく


もしも願いが叶うなら
せめて君に伝えたい
この哀れな運命
鏡の中のモンスターが涙を流した


それは決して許されはしない
誰かを愛してしまうことなんて
枯れ落ちた花びらをかき集め
空に放つ


二度と出会うことがないように
朝が来る前にこの街を出る
風が花びらを君のもとへ届けるころ
もう僕はいない


闇夜の中 消えてゆく


『40mP 夜想モンスター 歌詞』収録の『夜想モンスター』ジャケット
歌手: 40mP
発売日: 2019.09.30
作詞: 40mP
作曲: 40mP
ステータス: 公式 フル

40mP『夜想モンスター』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE