YOASOBI Mr. Lyrics (Mister) ミスター

Cover for『YOASOBI - Mr.』from the release『Mister』
  • Release:
    2022.02.16
  • Lyricist:
    Ayase
  • Composer:
    Ayase
Share:

Status (Based on):

Official Full

YOASOBI「Mr.」Lyrics (Romanized)

shinguru saizu no heya de
Hitorikiri
Omoidasu no wa anata to no kurashi
Monogatari no butai wa
Biru ga mureru
Dai tokai wo tooku ni miru
Umibe no machi


hajimete atta hi no koto datte
Ima mo mada chanto oboeteru
Fuoomaru na shatsu
Jaketto ga sukoshi funiai na anata
Kotoba kazu wa sukunakute
Itsumo kibishikute
Shikararete bakari de


kikai jikake no kokoro wo
Muryokusa ga tsutsunde itta
Demo


anata wo shiritakute
Nanimo kamo shitteitakute
Dakedo oshiete nante
Iezu ni hitori
Sotto yoru ni inoru
Sukoshi demo wakaritakute
Sonna hibi wo kurikaeshita


soredemo tokiori misete kureta
Odayaka na ano hyoujou mo
Ichido dake ukabeta namida mo
Kakushi kirezu ni koboreteita
Yasashisa datta
Ano hi mo sou datta


are wa futari saigo no omoide
Kurayami de kono te wo nigiri kaeshite
Waratte kureta
Anata wa mou inai


ima demo kikitakute
Mou ichido kikasete hoshikute
Yasashikute bukiyou na
Anata no koe wo kibishii kotoba wo
Nante negau kono kimochi wa
Donna namae nan desu ka
Mata itsumo to onaji you ni
Watashi no koto shikatte yo misutaa


Cover for『YOASOBI - Mr.』from the release『Mister』
Share Me!

YOASOBI「ミスター」Lyrics

  • Artist:
    YOASOBI

シングルサイズの部屋で
一人きり
思い出すのはあなたとの暮らし
物語の舞台は
ビルが群れる
大都会を遠くに見る
海辺の街


初めて会った日のことだって
今もまだちゃんと覚えてる
フォーマルなシャツ
ジャケットが少し不似合いなあなた
言葉数は少なくて
いつも厳しくて
叱られてばかりで


機械仕掛けの心を
無力さが包んでいった
でも


あなたを知りたくて
何もかも知っていたくて
だけど教えてなんて
言えずに一人
そっと夜に祈る
少しでも分かりたくて
そんな日々を繰り返した


それでも時折見せてくれた
穏やかなあの表情も
一度だけ浮かべた涙も
隠し切れずに溢れていた
優しさだった
あの日もそうだった


あれは二人最後の思い出
暗闇でこの手を握り返して
笑ってくれた
あなたはもういない


今でも聴きたくて
もう一度聴かせて欲しくて
優しくて不器用な
あなたの声を 厳しい言葉を
なんて願うこの気持ちは
どんな名前なんですか
またいつもと同じように
私のこと叱ってよミスター


Submit A Translation

Do you have a translation you'd like to see here on LN?

You can submit it using the form below!

YOASOBI 『Mr.』Music Video / PV

Your Thoughts:

Come chat with us!

【 RELATED LYRICS 】

Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE