TAKU INOUE Club Aquila Lyrics

Cover for『TAKU INOUE - Club Aquila』from the release『ALIENS EP』
  • Release:
    2021.12.22
  • Lyricist:
    TAKU INOUE
  • Composer:
    TAKU INOUE
Share:

TAKU INOUE「Club Aquila」Lyrics

夏の星座にぶら下がる
サファイアガラスのプラタナスみたいなベニュー
音が鳴り歌がある
フロアの数はざっと200と少し
標準語が異端児
高純度な夜の生産地
ここはわし座の3丁目


ミュータントと語り合うクローン
ニュージャズ
ソロの冴えてるブロウでピークタイム
悩み抱えるエスパー
語りたがりなインベーダーのジェスチャー
飛び交う不可思議なサイン
すべてはまたあの曲のパンチラインが
今日も飲み込んでいくよ


ねえ DJ
夜を救ってメサイア
音を紡いで描いた物語みたいにさ
なんてちょっと思って笑っていた 
どっか伝って回ってきたショットグラス
よけながら


フロアの果ての最上部
金のド派手なサイボーグが今日デビュー
最果ての解放区
繋いでる手を大丈夫って離し
また踊る木星人
片言の挨拶とスペーシーなソウル
朝まで続いていく


君は誰だっけ
今何時だっけ
気にも留めないままで
僕ら今日も祈る


ねえ DJ
夜を救ってメサイア
音を紡いで描いた物語みたいにさ
なんてちょっと思って笑っていた 
どっか伝って回ってきたショットグラス
よけながら


僕らまた


Transliterated (romaji) lyrics for this song are still waiting to be completed. In the meantime, check out the original lyrics above.

If you would like to submit a romaji transliteration for this song, please use the form below:

TAKU INOUE「Club Aquila」Lyrics

  • Artist:
    TAKU INOUE

夏の星座にぶら下がる
サファイアガラスのプラタナスみたいなベニュー
音が鳴り歌がある
フロアの数はざっと200と少し
標準語が異端児
高純度な夜の生産地
ここはわし座の3丁目


ミュータントと語り合うクローン
ニュージャズ
ソロの冴えてるブロウでピークタイム
悩み抱えるエスパー
語りたがりなインベーダーのジェスチャー
飛び交う不可思議なサイン
すべてはまたあの曲のパンチラインが
今日も飲み込んでいくよ


ねえ DJ
夜を救ってメサイア
音を紡いで描いた物語みたいにさ
なんてちょっと思って笑っていた 
どっか伝って回ってきたショットグラス
よけながら


フロアの果ての最上部
金のド派手なサイボーグが今日デビュー
最果ての解放区
繋いでる手を大丈夫って離し
また踊る木星人
片言の挨拶とスペーシーなソウル
朝まで続いていく


君は誰だっけ
今何時だっけ
気にも留めないままで
僕ら今日も祈る


ねえ DJ
夜を救ってメサイア
音を紡いで描いた物語みたいにさ
なんてちょっと思って笑っていた 
どっか伝って回ってきたショットグラス
よけながら


僕らまた


Submit A Translation

Do you have a translation you'd like to see here on LN?

You can submit it using the form below!

Your Thoughts:

Come chat with us!

【 RELATED LYRICS 】

Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE