Umibe Lyrics (Romanized)

Cover art for『SID - Umibe』from the release『Umibe』
Original Title: 海辺
Artist:

SID シド

Release: 2022.03.23
Lyricist: Mao
Composer: Aki Mimegumi

Transliterated (romaji) lyrics for this song are still waiting to be completed by our dedicated staff.

In the meantime, explore the original lyrics here!

If you would like to submit your own romaji transliteration for this song, please use the form below:

このまま 夜明けのない 悲しみの世界 来たら
少し怖いけれど 君がいるなら


包まれたい 許されたい
変わらない今日も 認めてくれた 君のためなら 愛のためなら
無数の傷は 証になって
君を選んで 流れ着いたよ 流木みたいだろう


このまま 夜明けまで さざ波の香り 風と
星空に揺られて 抱き合っていよう


すぐそばにある 愛に気づかないで
どうして人は 新しいほうへ流される
傷跡の数だけ 美しいのにね


包まれたい 涙も 許されたい 罪も
変われない今日も 認めてくれた 君のためなら 愛のためなら
無数の傷は 消えない 証になって 生きる
君を選んで 流れ着いたよ 海辺みたいな 君へ


Artist: SID シド
Submit a translation:
  • SID - Umibe Lyrics (Romanized)

  • SID - 海辺 Lyrics (Romanized)

VIDEO

SID『Umibe』Video

Your Thoughts:

Come chat with us!

SID - Umibe (海辺) Lyrics (Romanized)