nulut Decadism Lyrics ディカディズム

  • Release:
    2018.04.11
  • Lyricist:
    nulut
  • Composer:
    nulut
Share:

Status (Based on):

Official Full

nulut「Decadism」Lyrics (Romanized)

bokura sankakukei de naritatta
Tachi ichi sugata zenbu itsuwatta
Kedo hontou wa zenbu happii datta


seishun geki de arimashita
Muzugayui shoudou wo nomikonda
Endorooru wa kimi de mitashitai


seishinteki ni natta
Sukimadarake no kyakuseki ni tsuita
Mushou no ai wa sengohyakuen datta


mimimoto ga zaratsuita
Itsumo yori mo fukaku yoku nemutta
Mou akarukunatte owari datta


hontou wa iitai koto nante nai sa uso no kodoku da tte wakattetatte
Wasureru koto ni kidzukanai kidzukenai


shibireta shita ga nodo wo fusaida
Kokyuu mo koe mo hakidasenai


bokutachi wa kyoushin da moushin da hitotsu no netsu da
Sawaritai kokoro wa ginmaku ga hedateta


awadatta souzou ga tainai de hiete katamatta
Doko ni mo hibikanai tsumaranasa de tachiagatte ita


mushinkei ga hada ni yoku sasatta
Nanika kanjite itai katagata e
Imi ari ge na poozu wo katachi tottan da


kyoukansei wo ategatta
Aimai na jesuchaa de norikitta
Kedo hontou wa zenbu kiitenai ya


konna hibi yoku nai nante wakatteru wakatteru mama de koraete ita no ni
Nigedasu nante yurusenai yurushitai


ibitsu na koe ga nou wo tokashita
Arukemo tachiagaremo shinai


bokutachi wa guuzou da mousou da uzou muzou da
Shiryo no nai kotoba de ugokenakunatta


iradatta yuurei ga toumei ni sukete kiete itta
Mechakucha na ai wo kanjitotte uso da keredo


sotogawa ni makureta kankaku wa mou kirihanashite yo furimawasarenu you


bokura wa ima koko de netabarashi no fuda wo matte irun da
Ashita mo nemuru tame ni


bokutachi wa kyoushin da moushin da hitotsu no netsu da
Sawaritai kokoro wa ginmaku ga hedateta


bokutachi no souzou ya shuunen wa kiete nakunatta
Dareka no kate ni mo narienai mama ni


anshin wo kurattemo kurattemo mitasarenai nara
Susumanai sekai wo mitomenaide
Umarenai ibuki wo tsubusanaide
Koe wo dashite


Share Me!

ぬゆり「ディカディズム」Lyrics

  • Artist:
    ぬゆり

僕ら三角形で成り立った
立ち位置姿全部偽った
けど本当は全部ハッピーだった


青春劇でありました
むず痒い衝動を飲み込んだ
エンドロールは君で満たしたい


精神的になった
すきまだらけの客席に着いた
無償の愛は1500円だった


耳元がざらついた
いつもよりも深くよく眠った
もう明るくなって終わりだった


本当は言いたいことなんて無いさ 嘘の孤独だって分かってたって
忘れることに気づかない 気づけない


痺れた舌が喉を塞いだ
呼吸も声も吐き出せない


僕たちは狂信だ 盲信だ 一つの熱だ
触りたい心は銀幕が隔てた


泡立った想像が体内で冷えて固まった
どこにも響かないつまらなさで立ち上がっていた


無神経が肌によく刺さった
何か感じていたい方々へ
意味有りげなポーズを形取ったんだ


共感性をあてがった
曖昧なジェスチャーで乗り切った
けど本当は全部聞いてないや


こんな日々良くないなんて分かってる 分かってるままで堪えていたのに
逃げ出すなんて許せない 許したい


歪な声が脳を溶かした
歩けも立ち上がれもしない


僕たちは偶像だ 妄想だ 有象無象だ
思慮のない言葉で動けなくなった


苛立った幽霊が透明に透けて消えていった
めちゃくちゃな愛を感じ取って 嘘だけれど


外側に捲れた感覚はもう切り離してよ 振り回されぬ様


僕らは今ここでねたばらしの札を待っているんだ
明日も眠るために


僕たちは狂信だ 盲信だ 一つの熱だ
触りたい心は銀幕が隔てた


僕達の想像や執念は消えて無くなった
誰かの糧にもなり得ないままに


安心を食らっても 食らっても 満たされないなら
進まない世界を認めないで
生まれない息吹を潰さないで
声を出して


Submit A Translation

Do you have a translation you'd like to see here on LN?

You can submit it using the form below!

nulut 『Decadism』Music Video / PV

Your Thoughts:

Come chat with us!

【 RELATED LYRICS 】

Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE