Isshou Ichido no Natsu Lyrics (Romanized)

Cover art for『Hinatazaka46 - Isshou Ichido no Natsu』from the release『Tsuki to Hoshi ga Odoru Midnight』
Original Title: 一生一度の夏
Artist:

Hinatazaka46 日向坂46

Release: 2022.10.26
Lyricist: Yasushi Akimoto
Composer: はたゆりこ・野口大志
Arranger: TomoLow

Transliterated (romaji) lyrics for this song are still waiting to be completed by our dedicated staff.

If you would like to submit your own romaji transliteration for this song, please use the form below:

Artist: Hinatazaka46 日向坂46
Submit a translation:
  • Hinatazaka46 - Isshou Ichido no Natsu Lyrics (Romanized)

  • Hinatazaka46 - 一生一度の夏 Lyrics (Romanized)

テトラポッドで待ち合わせた 私たちの恋はどこ?
貸しボートのバイト 忙しいって言ってたから
なかなか会えない分だけ 不安と切なさに揺れてた
夕暮れの頃に 現れたあなたの勝ち


太陽を背にすれば 表情が見えなくて
好きだという言葉 距離を感じた


一生一度の夏が過ぎて行く
なぜだろう 涙が溢れ出す
誰もいない砂浜は 寄せる波がさらってく
誰かが忘れた麦わら帽子 どこか遠くへと…


貝殻なんてこの渚に 落ちていないじゃない ねえ?
ロマンティックな話 ホントだって信じちゃった
それでもそのことあなたに言えない 不安な関係
秋色の風が そっと手を繋げと言う


星空を見上げれば 現実を見なくていい
今でも好きなのに 巡る運命


一生一度の海が泣いている
潮騒は記憶の子守唄
いつの日にかここに来て 微笑むことできるかな
二人が歩いたこの足跡も やがて消えるだけ


灼けた肌が褪せるように
次の季節 待ってる
二度とは戻れないと
知っているあの日の空


一生一度の夏が過ぎて行く
なぜだろう 涙が溢れ出す
誰もいない砂浜は 寄せる波がさらってく
誰かが忘れた麦わら帽子 どこか遠くへと…


一生一度の夏
今を大切に


Copy Link

Artist: Hinatazaka46 日向坂46

VIDEO

Hinatazaka46『Isshou Ichido no Natsu』Video

Your Thoughts:

Come chat with us!

Hinatazaka46 - Isshou Ichido no Natsu (一生一度の夏) Lyrics (Romanized)