EXILE Agapanthus Lyrics アガパンサス

Cover for『EXILE - Agapanthus』from the release『PHOENIX』
  • Release:
    2022.01.01
  • Lyricist:
    TAKAHIRO・MANDY
  • Composer:
    Yasuo Kijima・Chaki
Share:

EXILE「Agapanthus」Lyrics

波のように
しなやかに踊る君と


揺らめく火のように
静かにたたずむ僕は


その心を掴める言葉〈セリフ〉で
引き寄せられる自信はないけれど
あの花に宿る花言葉が
二人にはふさわしいPlease feel my heart


紫の花火が舞い上がる夜空に
また恋をして
何度でも君だけの瞳に咲く花びらを
見つめるたびにときめいた


風のように
彼方に記憶が消えても
白い砂のように
掌に残る夢は


何をしていても何処にいても
この想いだけは握り締めてるから
燃え尽きそうな空を見上げては
張り裂けてしまうほどI miss you


紫のドレスに身を包んだ君の
面影がまだ
目にうつる全てをいつも彩っているのに
あの花だけは儚く…


Everyday anytime grow up 蕾
花咲く度に募る想い
何度目なんだろう
まるで初恋かのよう
止めたい時計の針
零れ落ちる清い透明
永遠に君と
花を散らさないよう
たとえ生まれ変わっても


雨上がりの香りが
終わりを告げるなら
もう少しだけGive me your smile


いつまでも弾けては響くこのリズムに
胸は高鳴り
とめどなく開いては散りゆくこの運命に
ただ切なくて


紫の花火が舞い上がる夜空に
また恋をして
何度でも君だけの瞳に咲く花びらを
見つめるたびにときめいた


Transliterated (romaji) lyrics for this song are still waiting to be completed. In the meantime, check out the original lyrics above.

If you would like to submit a romaji transliteration for this song, please use the form below:

EXILE「アガパンサス」Lyrics

  • Artist:
    EXILE

波のように
しなやかに踊る君と


揺らめく火のように
静かにたたずむ僕は


その心を掴める言葉〈セリフ〉で
引き寄せられる自信はないけれど
あの花に宿る花言葉が
二人にはふさわしいPlease feel my heart


紫の花火が舞い上がる夜空に
また恋をして
何度でも君だけの瞳に咲く花びらを
見つめるたびにときめいた


風のように
彼方に記憶が消えても
白い砂のように
掌に残る夢は


何をしていても何処にいても
この想いだけは握り締めてるから
燃え尽きそうな空を見上げては
張り裂けてしまうほどI miss you


紫のドレスに身を包んだ君の
面影がまだ
目にうつる全てをいつも彩っているのに
あの花だけは儚く…


Everyday anytime grow up 蕾
花咲く度に募る想い
何度目なんだろう
まるで初恋かのよう
止めたい時計の針
零れ落ちる清い透明
永遠に君と
花を散らさないよう
たとえ生まれ変わっても


雨上がりの香りが
終わりを告げるなら
もう少しだけGive me your smile


いつまでも弾けては響くこのリズムに
胸は高鳴り
とめどなく開いては散りゆくこの運命に
ただ切なくて


紫の花火が舞い上がる夜空に
また恋をして
何度でも君だけの瞳に咲く花びらを
見つめるたびにときめいた


Submit A Translation

Do you have a translation you'd like to see here on LN?

You can submit it using the form below!

Your Thoughts:

Come chat with us!

【 RELATED LYRICS 】

Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE