Eve Inochi Bakkari Lyrics 命ばっかり

Cover for『Eve - Inochi Bakkari』from the release『Blue』
  • Release:
    2018.02.28
  • Lyricist:
    nulut
  • Composer:
    nulut
Share:

Status (Based on):

Official Full

Eve「Inochi Bakkari」Lyrics (Romanized)

hibi wo suritsubushiteiku anata to no jikan wa
Kantan na koto ja yurusenai kurai ni
Okashiku natte shimatta anshin shitai dake no
Kuchisaki dake ja iya


doko made mo tanjun da koko made to satotta
Suwarikonde mou arukenakunaru


saisho dake ja nai nara saigen mo nai naraba
Doko e datte ikeru hazu sa


tooku e tooku e mizu no aji wo oboe
Gairo ni me ga kurami yoru wo koete shimau
Tooku e tooku e ugokenai boku no koto wo wasurete


shiranai wo shiritakatta
Shirieru koto wa nakatta


suiatsu de ugokenakunatteiku mata chou no yume wo miru
Suki ni naritakattanda suki ni narenakattanda


‘tadashii’ wo risou to shite itara
Oiteikareta
Oitsukenakunattanda


atarimae ni sugiteiku hazu datta jikan wa
Nanjuunen tomo kanjiru hodo nagaku
Nemurisugita zutsuu de haidashitekita boku wa
Doko ni mo mou ike ya shinai kara


doko made mo junjou da sore de shika nakatta
Kazaranaide wakachiaitai kara
Anata no kage ga kuramu miushinatte shimatta
Mata nemurenai yoru ni natteiku


‘dou shitai no’ nante toeba ‘dou mo shinai’ nante kaesu
Anata wa mou nanimo oshiete kurenai no
Kyou tabeta shokuji mo ikitai basho sae mou
Nannimo dore wo totte mo wakaranai dake da


tooku e tooku e mizu no aji wo oboe
Gairo ni me ga kurami yoru o koete shimau
Tooku e tooku e ugokenai boku no koto wo wasurete


anata no yokogao wo mite hikeme wo kanjite shimatta
Sukuwaretai to dake wameku boku wa kitto mou garakuta da


shisouhan wa mou yameta
Wakarenai wo satotteita


toritome no nai kotoba dake de wa
Usugami wo hagasenai


futsuu ni koshitsu suru koto ga
Kowakute mou nakisou da


jidaraku wo kagami de miteitara


usuppera da


usuppera na boku datta


boku da


boku dake dattanda


Eve「命ばっかり」Lyrics

  • Artist:
    Eve

日々を磨り潰していく貴方との時間は
簡単なことじゃ許せないくらいに
おかしくなってしまった 安心したいだけの
口先だけじゃ いや


どこまでも単純だ ここまでと悟った
座り込んでもう歩けなくなる


最初だけじゃないなら 際限もないならば
どこへだって行けるはずさ


遠くへ 遠くへ 水の味を覚え
街路に目が眩み夜を越えてしまう
遠くへ 遠くへ 動けない僕のことを忘れて


知らないを知りたかった
 知り得ることはなかった


水圧で動けなくなっていく また蝶の夢を見る
好きになりたかったんだ 好きになれなかったんだ


「正しい」を理想としていたら
 置いて行かれた
追いつけなくなったんだ


当たり前に過ぎていくはずだった時間は
何十年とも感じるほど長く
眠りすぎた頭痛で這い出してきた僕は
どこにももう行けやしないから


どこまでも純情だ それでしかなかった
飾らないで 分かち合いたいから
貴方の影が眩む 見失ってしまった
また眠れない夜になっていく


「どうしたいの」なんて問えば「どうもしない」なんて返す
貴方はもう何も教えてくれないの
今日食べた食事も 行きたい場所さえもう
何にも どれをとってもわからないだけだ


遠くへ 遠くへ 水の味を覚え
街路に目が眩み夜を越えてしまう
遠くへ 遠くへ 動けない僕のことを忘れて


貴方の横顔を見て引け目を感じてしまった
救われたいとだけ喚く僕はきっともう我楽多だ


思想犯はもう止めた
 「分かれない」を悟っていた


とりとめのない言葉だけでは
薄紙を剥がせない


普通に固執することが
 怖くてもう泣きそうだ


自堕落を鏡で見ていたら


薄っぺらだ


薄っぺらな僕だった


ぼくだ


僕だけだったんだ


Submit A Translation

Do you have a translation you'd like to see here on LN?

You can submit it using the form below!

Eve 『Inochi Bakkari』Music Video / PV

Your Thoughts:

Come chat with us!

【 RELATED LYRICS 】

Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE