eill letter... Lyrics

Cover for『eill - letter...』from the release『PALETTE』
  • Release:
    2022.02.02
  • Lyricist:
    eill
  • Composer:
    eill
Share:

eill「letter...」Lyrics

ここは2021
騒がしい夜に
大切な君へ手紙を書いたよ


想えば 思い出ばかり
あったかい紅茶が冷めるほど
迷いもなく溢れ出して
泣けてきちゃうの


はじめて話をした日
雨の夜傘をくれた日
夢にちょっと近づいてはぐれた日
なんでもないようなことも
笑っちゃうほど愛おしい
特別が変わっていく


星が降れば願うよ
君の温もりが
いつまでもいつまでも 続くように
迷いこんだ未来で 途方に暮れた私を
月になって照らしてくれた
君がいたから光になれる


怖いものはあるけどさ
前を向いて歩くよ
もう手を離しても平気だよ
ひとりじゃないね 隣を見れば君がいる


目と目も合わせられずに
ごめんね。なんて言えなかった
ほんとは気づいてたの 呼び止めた声
触れたら壊れそうな
あの頃より大事なものがここにあるの
それは君だったから?


何があっても守るよ
君の温もりと
どこまでもどこまでも 歩けるように
迷い込んだ未来で
途方に暮れても終焉はこないよ
どんな闇に隠れようと
君を置いていったりはしないから


星が降れば願うよ
君の温もりが
なによりもなによりも 幸せであるように
迷い込んだ未来で
呆れた顔して私を待っててね
この先もね
君と見つめあっていくからさ


Transliterated (romaji) lyrics for this song are still waiting to be completed. In the meantime, check out the original lyrics above.

If you would like to submit a romaji transliteration for this song, please use the form below:

eill「letter...」Lyrics

  • Artist:
    eill

ここは2021
騒がしい夜に
大切な君へ手紙を書いたよ


想えば 思い出ばかり
あったかい紅茶が冷めるほど
迷いもなく溢れ出して
泣けてきちゃうの


はじめて話をした日
雨の夜傘をくれた日
夢にちょっと近づいてはぐれた日
なんでもないようなことも
笑っちゃうほど愛おしい
特別が変わっていく


星が降れば願うよ
君の温もりが
いつまでもいつまでも 続くように
迷いこんだ未来で 途方に暮れた私を
月になって照らしてくれた
君がいたから光になれる


怖いものはあるけどさ
前を向いて歩くよ
もう手を離しても平気だよ
ひとりじゃないね 隣を見れば君がいる


目と目も合わせられずに
ごめんね。なんて言えなかった
ほんとは気づいてたの 呼び止めた声
触れたら壊れそうな
あの頃より大事なものがここにあるの
それは君だったから?


何があっても守るよ
君の温もりと
どこまでもどこまでも 歩けるように
迷い込んだ未来で
途方に暮れても終焉はこないよ
どんな闇に隠れようと
君を置いていったりはしないから


星が降れば願うよ
君の温もりが
なによりもなによりも 幸せであるように
迷い込んだ未来で
呆れた顔して私を待っててね
この先もね
君と見つめあっていくからさ


Submit A Translation

Do you have a translation you'd like to see here on LN?

You can submit it using the form below!

Your Thoughts:

Come chat with us!

【 RELATED LYRICS 】

Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE