Azumi Waki - Kaerimichi ga Mienai (Romanized) Lyrics

Kaerimichi ga Mienai

Azumi Waki

Release:
2022.11.30
Lyricist:
Mayumi Kaneko
Composer:
habana
Arranger:
Koichi Tsurusaki
AKA:
帰り道が見えない

Transliterated (romaji) lyrics for this song are still waiting to be completed by our dedicated staff.

If you would like to submit your own romaji transliteration for this song, please use the form below:

急に光った 夏の嵐に
傘も持たない僕らは走った
雨音の中は 二人きりだった
パッと雷が照らす君の横顔


あの夏は戻らない
握りしめたはずの光
遠く儚く消えた


帰り道が見えない
たどり着く場所もない
眩しい記憶が 溢れて止まらない
人生に恋をして
隣には君がいた
聴こえる 今でも
あの日のメロディ
歌い出せずに
ひとり 夢の続きを


肩を濡らした 雨粒のような
涙の理由も 未だわからないまま


「永遠なんてない」と知った
もしも早く気付けたなら
握りしめていられた?


帰り道が見えない
季節を越えられない
伝えたい想いが 溢れて動けない
人生に恋をして
隣には君がいた
離れた指先
残った温度
雨は止まずに
ひとり 夢の続きを


Do you have a translation you'd like to see here on LN?

You can submit it using the form below!

📫 Have A Request?:
Commission us here!

DETAILS

Azumi Waki - Kaerimichi ga Mienai Details

Song Title: Kaerimichi ga Mienai
Original Title: 帰り道が見えない
Artist: Azumi Waki
Lyricist: Mayumi Kaneko
Composer: habana
Arranger: Koichi Tsurusaki
Release: 2022.11.30

Your Thoughts:

Come chat with us!
Font Size
Align
Theme