Difference Lyrics (Romanized)

Cover art for『Atarayo - Difference』from the release『Kyokuya ni Oite Tsuki wa Katarazu』
Alternate Title: Sai
Original Title: 差異
Artist:

Atarayo あたらよ

Release: 2022.03.23
Lyricist: Hitomi
Composer: Hitomi

dareka ga itteita
“hito ga shinu koto to tooku e itte
Aenaku naru koto ni sai wa aru no ka” to
Boku wa ienakatta
Kotae ga denakatta
Boku gotoki ja kotae ga deru you na toi janai no ni


hashiru hashiru kodou ga hashiru
Yureru yureru kokoro ga yureru
Nigeru nigeru kimi no inai hou e


boku mo itsuka wa chirun datte ne


kabe ni muite saiteita
Hana mo itsu no hi ka
Hinome wo abiru sono hi
Sono toki wo matteirun da


sore wa marude boku no
Ikiutsushi no you de
Kawaisou de itooshikute
Yubisaki de sotto tsumitottan da


kimi ga oiteitta
Tegami wa ima demo
Akerarezu ni
Tsukue no ue de tada boku wo miteiru
Boku wa mirenakatta
Yuuki ga denakatta
Sayonara da to kotae ga deru koto ni obieteitan da


kimi wa dokoka de chitta no ka na


kabe ni muite saiteita
Hana mo itsu no hi ka
Hinome wo abiru sono hi
Sono toki wo matteirun da


sore wa marude kimi no
Ikizama no you de
Kanashikutemo itooshikute
Yubisaki de sotto tsumitottan da


douse chitte shimau no nara
Kimi no soba de wa chiranai you ni
Karete yuku sono jikan mo
Kimi no hitomi ni wa utsuranai you ni
Nigerun da


dareka ga itteita
“hito ga shinu koto tooku e itte
Aenaku naru koto ni
Sai wa aru no da” to


Copy Link

Artist: Atarayo あたらよ
Status
(Based on):
Official Full

If you noticed an error, please let us know here

Submit a translation:
Transliterated by:
  • Atarayo - Difference Lyrics (Romanized)

  • Atarayo - Sai Lyrics (Romanized)

  • Atarayo - 差異 Lyrics (Romanized)

誰かが言っていた
「人が死ぬことと遠くへ行って
会えなくなることに差異はあるのか」と
僕は言えなかった
答えが出なかった
僕ごときじゃ答えが出るような問じゃないのに


走る走る鼓動が走る
揺れる揺れる心が揺れる
逃げる逃げる君のいない方へ


僕もいつかは散るんだってね


壁に向いて咲いていた
花もいつの日か
日の目を浴びるその日
その時を待っているんだ


それはまるで僕の
生き写しの様で
可哀想で愛おしくて
指先でそっと摘み取ったんだ


君が置いていった
手紙は今でも
開けられずに
机の上でただ僕を見ている
僕は見れなかった
勇気が出なかった
さよならだと答えが出ることに怯えていたんだ


君はどこかで散ったのかな


壁に向いて咲いていた
花もいつの日か
日の目を浴びるその日
その時を待っているんだ


それはまるで君の
生き様のようで
悲しくても愛おしくて
指先でそっと摘み取ったんだ


どうせ散ってしまうのなら
君の傍では散らないように
枯れてゆくその時間も
君の瞳には映らないように
逃げるんだ


誰かが言っていた
「人が死ぬこと遠くへ行って
会えなくなることに
差異はあるのだ」と


Copy Link

Artist: Atarayo あたらよ

Your Thoughts:

Come chat with us!

Atarayo - Difference (差異) [Sai] Lyrics (Romanized)